スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お正月お勧めDVD

galactica.jpg


政治ネタにも飽きてきましたね。

頭からっポッポの首相と、
ジャイアン小沢民に支配されてしまった日本。
この先どうなってしまうのでしょう。

さて、気分を変えて、
お正月休みの予定は決まりましたか?

ミンス政権化の不況で、なるべくお金は使いたくない。
多分家でゴロゴロ寝正月になるだろうなぁ、
でも、テレビは面白くないし……
と思っているあなたに、お勧めDVDです。

「ギャラクティカ」
現在、シーズン3までレンタル中。

あらすじ
序章(ジェノサイド)より

はるか彼方の宇宙にある人類の12コロニー惑星(コロニアル連合)。あるとき、人間が開発したロボット・知能であるサイロンが突如反乱を起こした。激戦の末、双方で休戦が宣言され休戦ラインを策定、戦争は終結した。人類は、サイロンのウィルスなどに対抗するため、コンピューターなどの最先端機器の大半を捨てた。両者は毎年休戦ライン上にある宇宙ステーションで会合を開くことになっていたが40年以上後の第二次サイロン戦争開始直前までサイロン側が現れたことはなかった。

だが、サイロンは人間と見分けのつかない12タイプの人型サイロンを開発し、12コロニーに潜伏させていた。そのうちのモデルナンバー6の一体が、天才科学者ガイアス・バルターを誘惑し、コロニアル艦隊の防衛ネットワークへの秘密工作に成功する。そして休戦ステーションに人類側の使節が到着したその日、サイロン軍による12コロニーへの大規模核攻撃を含めた総攻撃が行われた。バルター博士開発の新型ネットワークを導入していたコロニアル艦隊は、ナンバー6によってうがたれたセキュリティ・ホールから送り込まれたウィルスによって無力化され、なすすべもなく壊滅した。12コロニー惑星は無差別核攻撃によって滅び去り、何十億人もの人々が犠牲となった。こうして、第二次サイロン戦争はサイロンの一方的な勝利と人類世界の壊滅によって、わずかな時間で事実上終結した。

コロニアル艦隊の主力である宇宙空母(バトルスター)のうち、この奇襲を生きのびることができたのは、第一次サイロン戦争の英雄であり、当時の戦訓にしたがって艦のネットワーク化をかたくななまでに拒んできたウィリアム・アダマ艦長率いる老朽艦ギャラクティカ号だけであった。開戦当時、惑星カプリカ近傍で博物館に改装される途中であったギャラクティカは、右舷が売店に改装済みである上、主力戦闘機群をサイロンのウィルス攻撃により失ってしまったが、展示用に収納されていた旧式戦闘機バイパーII型を使って、辛くも敵の襲来を生きのびた。

一方、奇襲当時に宇宙空間にいて難を逃れた民間船は、唯一生き残ったコロニー政府閣僚であるローラ・ロズリン教育庁長官(大統領に昇格)の指示によって集結した。しかしそこにもサイロンの攻撃が迫り、ロズリン大統領はやむなく超光速ジャンプ能力を持たない数多くの民間船を置き去りにし、ギャラクティカと合流するに至った。そして、ロズリンは抗戦を主張するアダマを説得し、新天地をめざして未踏の宇宙空間への逃走を始めたのである。この人類最後の船団の構成人口はわずか五万人弱。

アダマは人々に希望を持たせるため、太古の伝説に語られる13番目のコロニー「地球」を最終目的地とすることを宣言した。だが、地球に至る道筋は誰も知らなかったのである。また、サイロンも人類壊滅をあきらめてはいなかった。人型サイロンは船団の中にも潜み、こうして長く絶望的なギャラクティカと人類船団の旅が始まったのである。


とてもSF、他人事とは思えない内容ですよ。
特に、シーズン2の最終話「審判の日」は
笑って見過ごすことができないほど、
現在の日本に重なります。

注目はバルター博士。
どこぞの首相と重なります。(笑)



スポンサーサイト

テーマ : DVD - ジャンル : 映画

独裁者の犯罪★進展あり



【大高未貴】沖縄・石垣市長レイプ疑惑について[桜H21/10/29]


【大高未貴現地報告】「石垣市長強姦未遂」疑惑を問う[桜H21/11/2]



市議団による申し入れ文

石垣市長の元市職員に対する婦女暴行疑惑報道等に対し説明を求めることについて
 インターネット社会における大浜長照石垣市長の元市職員に対する婦女暴行疑惑報道は、「サラの日記」、「狼魔人日記」等のブログ発信を受け、スカイパーフェクトTV、インターネットTVチャンネル桜において被害者本人の長時間のインタビューの模様が報道されている。
 このことから若い世代だけでなく、あらゆる世代の市民が動揺し、教育現場においては中高生も授業にならないと父母・教師から早めの対応を求める抗議がある。
 公人である自治体のトップがこの疑惑に対しいたずらに沈黙を守ることは、市民の動揺をますます増幅させ、混乱は諸行事や行政機能の麻痺、観光等に与えるマイナスイメージからあらゆる産業分野に波及することが懸念される。
 インターネットはもはや仮想社会ではなく現実社会にもこのように大きく影響を与えることから、市長には職員を含め市民に対し安心して日常業務に励み、平穏に生活を営むよう促す責任がある。
 よってネットで報道されている大浜長照石垣市長の元市職員に対する婦女暴行疑惑報道等を払拭し、石垣島まつりを迎えられるよう11月5日までに報道機関を通じた説明を求める。
 以上申し入れる。





狼魔人日記さんのブログより

緊急情報です。

本日3日の午後5時30分、石垣市庁舎の記者会議室で弁護士同席で、大浜石垣市長が「婦女暴行疑惑」について記者会見を開くとのこと。


http://blog.goo.ne.jp/taezaki160925/e/37da2a590eeeb498c091368c91b4453b



大浜石垣市長 インターネット上の噂を否定
 石垣市の大浜市長に暴行されたと訴える女性のブログがインターネット上で騒ぎとなっている問題で、石垣市の大浜市長が3日会見を開き、ブログの内容を強く否定しました。

 大浜市長は3日、弁護士を伴って会見を開き、ブログに書かれているような事は事実無根であると強く否定しました。
 この問題は大浜市長に暴行されたとする女性のブログが公開され、インターネット上で大浜市長を批判する書き込みなどが急増し騒ぎとなっていたものです。
 弁護人は「悪質、かつ重大な名誉棄損事件」として情報発信者を名誉棄損で刑事告訴し、インターネットから情報を削除するよう求めていくとの方針を示しました。


http://www.rbc-ryukyu.co.jp/rnews.php?itemid=25721#more



サラの日記
11月3日、火曜日ー市長会見    「名誉毀損」待っていました。ありがとうございます。


http://yai-s0820.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/post-a68d.html


これでサラさんが告訴しなくても刑事事件となりました。
一部サヨクは、市長選の候補を絞る時期にきての、
ネガティブキャンペーンだと主張しているようです。

ネガティブキャンペーン、いいじゃないですか。
保守派のやるネガティブキャンペーンは、左翼のやるネガティブキャンペーンと違います。

サヨクのやるネガティブキャンペーンは、その多くがデマによる中傷・言いがかりです。
保守派のやるネガティブキャンペーンはただ「真実」を明らかにしようと言うだけのこと。

もっともこの件に関しては、政治的スタンスは関係ありません。

人間としてどうなのよ、という話ですから。

テーマ : サヨク・在日・プロ市民 - ジャンル : 政治・経済

【拡散希望】告発★独裁者の犯罪

「トラネコ日記」より転載(抜粋)
全体主義の島の独裁者の犯罪

http://ryotaroneko.ti-da.net/e2537484.html

石垣島は一島一市の島で、ここに4期16年をまっとうしようとする無敵の市長がいる。
さらに来年の石垣市長選挙に、第5期目を目指す大濱長照市長である。

大濱市長は県立八重山病院の元医師であり、ガリガリの革新市長である。
大の自衛隊嫌いで知られ、この離島の地にあって、
自衛隊のヘリによる病人などの、緊急搬送に随分世話になているにも関わらず、
国家の国防機関の自衛隊をさして、殺人訓練をしている集団呼ばわりし、
自衛隊関係の行事などを積極的に妨害してきた札付きの左翼ゴロである。

私自身かつて石垣島に暮らしていたこともあり、この市長の黒い噂はそれとなく聞いていた。
市長権力による裏口就職などこの島ではごく普通のことであり、
逆に市長に睨まれると、市内での公的行事の実施不能や、
市役所関連の仕事には絶対就けない、発注を取れない、
など公権力を私的利用する独裁者のような印象を思い出す。
しかしまあ、こういったことは日本本土の田舎でも耳にすることである。

ところが、最近愛読ブログから信じられない話が入ってきた。
石垣島の市長・大濱長照氏が婦女暴行事件を起したというのだ。
しかも市会議員、県議会議長もそのもみ消し工作に加担し、
被害女性の勤務先の労働組合も、彼女に嫌がらせ行為を行っていたという。

暴行被害者の女性がどこへ相談にいっても、誰にも相手にされず、
みんな市長側について彼女を敵視し、職場でも嫌がらせで四面楚歌になってしまった。
それほど大濱市長の権力にみんな恐れをなしていたのだ。

彼女は当時離婚して4人の子供の母であり、また病弱であったため、
しかも強姦事件という女性の立場では、公にはしたくない事件であったため、
また仕事を失うこ可能性も十分にあったことなどから、
警察には届けないでいたようだ。

しかし、あまりに卑劣な市長とその関係者に業を煮やし、
自ら告白ブログを立ち上げ、卑劣な鬼畜市長の5選目を阻止し、
沖縄政界や言論界のいびつな思想で腐りきった現実を、
全国的にも言論で訴えようと決心したのだ。


また被害者の女性には、度々脅迫電話や無言電話などもかかってくるという。
しかもブログによれば市長自ら公用車で彼女の自宅へ乗り込んで示談交渉を迫ったり、
明らかに「脅迫」とも受け取れる電話があるそうだ。
女性は心臓に持病を抱えており、このままだと生命の危険性もある。
彼女が死ねば市長は来年の5期目の市長選挙に大手を振って出馬するだろう。
しかしこれが「医は仁術」といわれる立場にあった人がやることかw


これらが事実とすれば、市長という権力と男性というオスの性をもって、
母子家庭の病弱な女性の弱みにつけこんで婦女暴行するという鬼畜の所業!
パワー&セクシュアルハラスメントをむき出しにした、
政治家という以前に、人間として最低のクズ野朗である。



この事件には別の事件も複雑に関係しているという。

それは被害女性のお兄様が、沖縄本島で評判の進学塾を経営されていたが、
そこの塾講師の陰謀により、セクハラ冤罪をかけられ、しかもあろうことか、
県会議員から沖縄タイムス(しかも記者は塾長の実弟)まで巻き込んで、
お兄様への有形無形の圧力をかけ続け、精神的に追い込み
ついには六百数十万円の示談金をせしめたうえ、
冤罪を認めさせたというのである。

この冤罪事件と婦女暴行事件の関連は、これから明らかにされるだろう。
そして日ごろ人権に口やかましい女性議員ですら、
権力の走狗に堕している事実がこの事件から伺える。


<必読!>
「狼魔人日記」より『驚愕!組織ぐるみの市長の犯罪』
http://blog.goo.ne.jp/taezaki160925/e/a8a7c5dd4613d5f9748293ad245b4bd0

「サラの日記」被害者女性の事件告白ブログ
http://yai-s0820.cocolog-nifty.com/blog/




「狼魔人日記」「サラの日記」ともに読ませていただきました。

結果、わたくしはサラさんを応援します。


さらに、サラさんのお兄様の冤罪事件を原告側が時系列でまとめたサイトも見ました。


たたかいの経過(時系列)
http://www6.ocn.ne.jp/~oki_godo/page077.html


優秀な教育者を罠にかけ、してやったりと言わんばかりの論調に吐き気がしました。


各サイトをご覧になって、ご自分で判断してください。

そのうえで、拡散お願いします。

どうする、鳩ポッポ

赤字国債を極力抑えるとの思いでマニフェスト実行=首相
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-119619200910152009年 10月 15日 19:37 JST
[東京 15日 ロイター] 鳩山由紀夫首相は15日夕、官邸内で記者団に対し、「赤字国債を極力抑えるという思いのもとでマニフェスト(政権公約)は実行に移す」との方針をあらためて示した。
 鳩山首相は前日、マニフェストを実行するための赤字国債の増発に含みを持たせていた。

 鳩山首相は赤字国債を増発させないために、マニフェストを見直す考えがないかを問われ「マニフェストは国民との契約なので、極めて重いものだ」と指摘。ただ「マニフェストの実現よりも、やはり国債をこれ以上発行してはいけないと、国民の意思としてそのようなことが伝えられたら、あるいはそういう方向もあると思う」と語った。

 一方、2009年度補正予算の見直し額については「3兆円というところが一人歩きしてしまってはいるが、かなり近づいてきていることだけは間違いないし、できれば皆さん方が期待しているように3兆円に乗せたいと思って最終折衝している段階だ」と述べるにとどめた。




まず一言、
何を言いたいのかわからない!

マニフェストの実現よりも、やはり国債をこれ以上発行してはいけないと、国民の意思としてそのようなことが伝えられたら、あるいはそういう方向もあると思う

どなたかこれを日本語に訳していただけませんか?(笑)

先の党首討論のときに感じたことですが、
鳩ポッポ、日本語が不自由ですね。

マニフェストに載った政策を実行するための財源をどうするのか、というのは選挙前にも盛んに尋ねられていたことです。
その時に、具体的な方法は何も答えずに、ただ「できるんです!」とだけ言っていましたね。

何の対策もなかったということが改めてわかりました。

赤字国債を発行した自民党を盛んに攻撃していた民主党。
赤字国債を発行しない、というのはマニフェストには入っていなかったのでしょうか。

多分国民の多くはそれも民主党の公約だと思っていますよ。
だって、さまざまな場面で公言していましたものね。


さて、私自身は国債発行が悪いことだとは思っていません。
国の借金だというのにも疑問を持っております。
以前にも書きましたが、
国債を買い利子を受け取るのは多くが国民。
ということは利子は国民のお財布の中に……。
利子の20%が所得税の形で国に戻ってもきます。

気にくわないのはこの鳩ポッポの言い草です。

責任は国民に、ですか?

赤字国債の発行と、マニフェストの実行は二者択一の問題ではないでしょう。
国民は赤字国債を発行せずにマニフェストを実行しろと言っているんですよ。
そして、あなたはそれができるときっぱり言い切ったのです。

さあ、どうする、鳩ポッポ!

お引っ越し★遊びに来てね

最近小耳にはさんだのですが、
ソフトバンクがやばいらしい。

それでなくてもあまりいい噂は聞かない会社です。

Yahoo!もソフトバンク系列ですよね。
ということはこの無料で使えるYahoo!ブログも危ないかも……

保守系のブログが差別されるというのは、
さまざまな場所で聞いています。
といっても、それは影響力の大きな人気ブログのこと。
と、他人事のように考えていましたが、
ソフトバンクが危なくなれば、このようなベータ版のブログは有料、もしくは廃止になるんじゃないだろうか、
と心配になってしまいます。

それで、ミラーを作っておくことにしました。
くだらない記事でも、過去4年間こつこつ書き溜めたものですから、
ある日なくなっていた、なんてショックですからね。

先日coffeeさんのブログでも話題になっていました。
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/42011888.html
お引っ越し先はどこがいいか。

fc2、livedoor、アメブロ、などいろんな候補があがっていましたが……


実は私、アメブロで日記を書いています。
http://ameblo.jp/nanamama946/
どちらかというと、身の回りの出来事について。
Yahoo!よりも使いやすいかもしれません。
コメント拒否も細かにできるし(笑)

それでアメブロ以外、ということで、
ミラーの作成場所はfc2を試してみることにしました。

簡単でしたよ。
過去の記事がすべてお引っ越し出来ました。
1日かかるということだったんですが、実質4時間ほどで完了しました。



設定その他、まだわからないことがたくさんあるので、これからいろいろ試してみようと思っています。

中川昭一先生の功績を伝えたい


平沼赳夫議員がマスコミ批判をしています。

なぜ、自民党議員からこのような声が聞こえてこないのでしょう。

残念です。

朝日に何が起こったか★中国様をアサヒっちゃった

「サリン検出」報道を否定=中国外務省
10月12日11時55分配信 時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091012-00000016-jij-int
 【北京時事】中国外務省の馬朝旭報道局長は12日、中朝国境で猛毒のサリンが検出されたとの一部報道について「中国軍は中朝国境付近でいわゆる毒ガスの検査測定をしたことはない。報道は事実に合致せず、極めて無責任だ」と否定する談話を発表した。
 9日付の朝日新聞朝刊は中国当局関係者が明らかにしたとして「中国軍の特殊部隊が昨年11月と今年2月、遼寧省丹東周辺の北朝鮮国境付近で、空気中から猛毒のサリンを検出した」と報じていた。


そういえば、そんな報道がありましたね。
中国当局関係者からの情報ということで……



中朝国境でサリン検出 北朝鮮から風吹く時に2回
2009年10月9日3時5分
http://www.asahi.com/special/08001/TKY200910080559.html
 【瀋陽=西村大輔、ソウル=牧野愛博】中国軍の特殊部隊が昨年11月と今年2月、遼寧省丹東周辺の北朝鮮国境付近で、空気中から猛毒のサリンを検出した。中国当局関係者が明らかにした。実験か事故があった可能性があるとみて、軍が監視を強めている。

 関係者によると、特殊部隊は演習を兼ねて、定期的に空気中の化学物質を調査していた。北朝鮮側から風が吹く時に調べていたところ、1立方メートルあたり0.015~0.03マイクログラムのサリンが偶然検出された。中国軍が航空機で無毒化する薬品を散布したとの情報もある。

 サリンは戦前のドイツで化学兵器用に開発された神経ガスの一種。殺傷能力が極めて高い。95年のオウム真理教による地下鉄サリン事件では多くの死傷者を出した。

 毒性が強く、軍事演習での使用は考えにくいが、何らかの実験をしたか、保管もしくは移送中に事故が起きた可能性がある。丹東に近い北朝鮮・新義州には、軍事目的と疑われる化学工場がある。

 韓国の08年版国防白書によると、北朝鮮は80年代から生物化学兵器の生産を開始。現在、2500~5千トンを貯蔵している。その詳細は不明だが、北朝鮮はサリンの原料となる化学物質を輸入したことがあり、米韓両国は北朝鮮がサリンを保有していると判断、対北朝鮮戦に備えた共同作戦計画に化学防護作戦を盛り込んでいるとされる。砲弾に仕込むのが一般的で、日本を射程に収める弾道ミサイル「ノドン」にも搭載できる。ただ、熱に弱いサリンを大気圏再突入時の熱から防ぐ技術は、現在の北朝鮮にはないとも言われている。



朝日新聞はつい先日も誤報騒動を引き起こしています。

金正雲氏が極秘訪中 金総書記の特使、胡主席らと会談
http://www.asahi.com/international/update/0616/TKY200906150339.html


これは中国に、「まるでスパイ小説のようだ」と笑い飛ばされていましたが。
朝日新聞に何が起こったのか、ちょっと心配になってしまいます(笑)。

さらに、ここ一年ほど、「媚中報道」が少なくなっているという指摘もあるのですが……

高井潔司(北海道大学教授)氏によると
“媚中報道”を止めた朝日新聞の気になる最近の報道 2008/9/16
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2008&d=0916&f=column_0916_006.shtml
やはり朝日新聞の中国報道は変わっていた  2008/11/12

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2008&d=1112&f=column_1112_003.shtml

コラム中で氏は、今までは中国のような特殊な国を専門とする記者が、往々にしてその国に取り込まれてしまう傾向があったこと。それをなくすために専門記者を廃止したこと。などを指摘しています。

さて、朝日新聞は中国当局からそっぽを向かれてしまったのでしょうか。

今後、注目です。

胆沢(小沢)ダム当面継続

胆沢ダム当面継続 知事「当然のこと」
2009年10月10日
http://mytown.asahi.com/iwate/news.php?k_id=03000000910100002

 前原誠司国土交通相が9日、国と水資源機構が進めるダム事業で、今年度中は新たな段階に入らない方針を表明した。県は「すでに本体工事中の胆沢ダム(奥州市)の事業は継続される」とみており、達増拓也知事は同日、「事業を続けることに問題は感じてなかった。当然のこと」と述べた。
    ◇
 胆沢ダムは国が進めるダムだが、03年に本体工事を着工している。県河川課の佐藤悟総括課長は「国交省からの連絡はないが、条件を見る限り、胆沢ダムは見直しの対象に入らず、年度内は工事を続けることになる」と話した。

 来年度について前原国交相は「政府予算案の提出時までに方針を明らかにする」としている。達増知事は「中断する理由はないと思う」と語り、佐藤総括課長は「すでにダムの大部分ができているため、見直す意味があるのかどうか」と話した。

 奥州市の相原正明市長は「本体工事もほぼ終了段階まで進んでおり、ぜひ計画通りに建設されることを望む」とのコメントを出した。

 見直しを巡って前原国交相が個別のダム名を挙げなかったため、県の担当者らが確認に追われる一幕もあった。ある県幹部は「事業ごとの数値に基づく判断ではなく、政治家の判断で決まるので見通しがつかない。政治主導ですね」と苦笑いした。

 前原国交相はまた、各都道府県の進めるダム事業に関しては「知事の判断を尊重する」とした。県は現在、簗川、津付、遠野第2の三つのダム事業を進めており、津付ダムは大規模事業評価専門委員会で再評価の作業が進んでいる。達増知事は「(県内のダムは)必要性がある事業。特に中断する理由はない」と話した。

 胆沢ダムは総事業費2440億円。事業は88年に着手し、13年度の完成を目指している。事業進捗(しん・ちょく)率は事業費ベースで75%。




「事業を続けることに問題は感じてなかった。当然のこと」


だって、小沢先生のお墨付きだから。

この胆沢ダム、西松建設問題の核心ともいえるダムですね。
今現在あるダムでは貯水能力が足りないということで建設されることになったらしいですが、
必要なのは2倍ほどなのに、10数倍にまで規模が拡大されたという摩訶不思議なダムです。

なんで、これは中止にならないの?と誰でもが疑問に思いますよね。

ところが、TVはこれをまるっきり無視だそうです。
討論番組でも、この話題が出ると司会者が話を遮るとか……。

これは真剣にマスゴミ撲滅運動を繰り広げなくてはならないかも。

さて、これから策を練ろうと思います。
みなさんも、マスゴミをやっつけるために知恵を絞ってください。

臨時国会は11月中の閉会★ピンポンダッシュ国会

平野官房長官:臨時国会は11月中の閉会で調整
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20091012k0000m010035000c.html
 平野博文官房長官は11日、大阪府交野市内で講演し、臨時国会の会期について「12月いっぱいは、どうしても予算編成の時間はちょうだいしたい」と述べ、11月中の閉会を念頭に与党側と調整を急ぐ考えを明らかにした。召集時期は今月26日を念頭に「参院神奈川、静岡両補選(25日投開票)後」との考えを改めて示した。

 ガソリン税の暫定税率を撤廃する時期については「必ず来年4月から実行すべく、関連法案を含めて精査している」と強調。子ども手当についても記者団に「(来年)6月後半ぐらいにはできるような制度設計にしなければいけない」と語り、民主党の衆院選マニフェスト(政権公約)の目玉であることを踏まえて早期の実施を目指す考えを強調した。【横田愛】



2chの反応

・責められることありすぎて速攻閉会かw

・国会を開きたがらない国会議員
 こんなのが与党で本当にいいんですか?

・在日参政権だけ強行採決で通して後はさっさと逃げ切ろうという魂胆ですね

・所信表明さえ行わずに このままの「作られた人気」で補選を乗り越えようっていう 浅知恵が露骨に見える
 こんなバカな党を神奈川と静岡は選んではいけない

ピンポンダッシュ国会w

・臨時国会で何をやるんだ?

・外国人参政権 、人権擁護法案

・今度はピンポンダッシュかよw

・すべてはテレビの編集まかせですねw

・マジしんじらんねぇ
 野党時代は審議拒否連発でどこよりも早く出された景気対策を半年遅らせ、日本人を叩き落し、
 与党時代は電波法案を大量に作り、閣僚の税金キャバクラ、犯罪献金連発で国会を開かず、
 開いてもピンポンダッシュ、アリバイ作り。

・こんな糞に誰が投票した!

・10月下旬に開催されるんだと期待してたのにヽ(*`Д´)ノ
 っつかか国会なしで法案だけ走ってるけど 国会って必要ないのか?
 民主党の暴走に自殺したくなる今日この頃です

・まだ国会を開いてさえいないのに

・国会無視の態度が酷すぎるわ
 与党の人間である以前に国会議員なんだろうに

・もう民主国家とは呼べないんじゃないか????

・良いよなぁ。国会審議しなくても給料もらえる国会議員様は。
 俺も、会社行かない会社員で金貰えないかなぁ。
 新兵は国会のしきたり勉強する前に、補選と参院選の選挙活動だろ?
 いいよなぁ。俺にも仕事覚えなくてもいいって、重役が言ってくれないかなぁ。

・何もしなくて毎月200万もらえる仕事ってのはなかなかないぞ
 ましてや、質問するな 法案出すな 街角に突っ立ってろってことだしな

・麻生はホッケの煮付けで1週間朝から晩まで叩かれまくったんだぞ

・早く終わらせるには、早く始めればいいんじゃない?
 って、消房の頃、夏休みのたびに言われた

・10月26日かよww
 もう冬だろそれ @北海道


国会開会を延ばしに延ばし、閉会を速めるという苦肉の策(笑)

まさに
ピンポンダッシュ国会!

貨物検査法案見送り

貨物検査法案見送り 臨時国会 6カ国協議見極め
10月10日7時57分配信 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091010-00000059-san-pol
 政府は9日、衆院解散に伴い、今年の通常国会で廃案となった北朝鮮関連船舶を対象とした貨物検査特別措置法案について、今月26日召集予定の臨時国会への提出を見送る方針を決めた。平野博文官房長官が9日、民主党側に伝えた。同党は衆院選マニフェスト(政権公約)に貨物検査実施を明記し、政権獲得後の臨時国会への提出を検討してきたが、6カ国協議に復帰する動きを見せている北朝鮮の動向を見極める必要があると判断した。来年1月召集予定の通常国会に同法案を提出するかどうかは明らかになっていない。
 廃案となった貨物検査法案は、5月の北朝鮮核実験を受け、6月の国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁決議に基づきミサイル関連物資などの貨物検査を可能とする内容。検査は海上保安庁の実施に限り、自衛隊は船舶の追尾・情報収集などにあたる。
 また政府は、来年1月に期限切れとなる海上自衛隊のインド洋での給油活動を継続するための新テロ対策特措法改正案の臨時国会提出も見送る。鳩山由紀夫首相や岡田克也外相は「単純延長しない」と、条件付き継続の余地を残す発言をしてきたが、臨時国会提出見送りで、延長は行えなくなり、海自部隊の撤収はほぼ確定する。

 


次から次へと話題豊富な現政府。
何を記事にしていいのか迷ってしまいます。

このブログを訪問される方は保守系の方が多いと思われますので、
同じ意見を記事にしても意味がない、ということで、
なるべく違う意見や視点、話題を持てるようにと心がけています。(あくまでも心がけです)

で、冒頭の記事なのですが、
また一つ売国政策が追加されました。
これに対する、お怒り、諦め、さまざまあると思われます。
的確な批判は他の方に任せるとして、
ここで、この件に関する鳩ポッポ民主党のブレを検証してみましょう。




6月18日党首討論
鳩山氏 「北朝鮮の核実験問題で国連安全保障理事会の決議が採択されたことを大いに歓迎する。貨物検査に関する新法が必要なら大いに議論したい。我々もできるだけ早く結論を出すことをお約束する。
首相 「国連決議に真摯に応えていく。船舶検査(の新法)は早急に提出する。与野党一致し、早急な結論を得たい。」
鳩山氏 「それほど長く国会があるわけではなく、解散・総選挙の時期も迫っているので、早く出すよう改めて申し上げておく。」


なに、このエラそうな物言いは。
で、政府は法案を国会に提出したわけですが。


政府、貨物検査特別措置法案を閣議決定、今国会で成立目指す
2009年07月07日
 政府は7日の臨時閣議で、北朝鮮船籍などの貨物検査を可能とする貨物検査特別措置法案を決定し、国会に提出する。政府は、9日に衆院で審議入りし、今国会で成立を目指す。国連安保理で北朝鮮制裁決議の成立を受けて、同法案は検査の実施主体を海上保安庁と税関に限定、禁輸品を積載しているとの「相当の理由がある」場合に貨物検査ができると規定した。
 自衛隊は現行の自衛隊法の海上警備行動の範囲内とし、公海上の貨物検査は船舶の所属国の同意が必要で法令に従わない場合、相手船舶に検査のための寄港を求める「回航命令」や、禁制品を押収する「提出命令」を拒否した場合の罰則規定も盛り込んだ。



それに対して民主党の対応は。


民主、13日に不信任決議案提出で調整
2009.7.10
 民主党は9日、内閣不信任決議案の衆院への提出について、12日に投開票を迎える都議選直後の13日に提出する方向で調整に入った。同日に幹部会を開き、麻生太郎首相や自民党内の動向を見極めた上で、参院への首相問責決議案の提出を含めて最終判断する。
 不信任決議案提出を都議選直後とするのは、選挙戦で民主党の躍進が予想されることから、「次期衆院選に都議選の勢いを持ち込むため、麻生政権のふがいなさを世論に印象づける」(幹部)狙いがある。鳩山由紀夫代表は9日、記者団に、「都議選(の結果)をみて判断する」と述べた。
 不信任決議案や問責決議案を提出した場合、野党側は通常、国会審議をボイコットする。ただ、9日の幹部間協議では、参院で審議中の臓器移植法改正案については13日中の採決に応じる方向で調整しているが、「議員立法なので党議拘束はかかっていない」(幹部)として、不信任決議案や問責決議案とは切り離して対応する方針を確認した。これまで党内では、同改正案が成立するまで不信任決議案や問責決議案の提出は先送りする案が浮上していた。
 北朝鮮関係船舶への立ち入り検査を可能にする貨物検査特別措置法案は、不信任決議案や問責決議案の提出に伴う審議拒否で、廃案に追い込むことも辞さない構えだ。



と、審議拒否で廃案に持ち込みました。
そして、そのことを党首討論で突っ込まれた鳩ポッポの答えがふるっています。


8月12日党首討論
麻生首相「民主党は北朝鮮の貨物検査法、これを審議せず廃案に追い込まれました。これは日本が主導した、北朝鮮の経済制裁のための国連決議を実施するためのものであります。喜んだのはたぶん北朝鮮だけだと思いますが。」
鳩山氏「いくつかお答えしたいと思います。まず、事実認識の問題でありますが、麻生総理の党首討論におきまして、私の方からむしろ、北朝鮮の問題、これ大変重大な問題であるから貨物検査、早くわれわれも協力するからやってくださいということを申し上げたはずです。そのことは、よもやお忘れになっておられないと思います。現実、それから相当3週間か4週間かかって、ようやく法案ができて、その直後にいわゆる不信任案から問責決議案、さらには、麻生総理が解散を宣言されたわけでありまして、その経緯の中で結局、最終的に日の目をみなかったわけでありまして、私どもは貨物検査法に関してはこれから政権を取っても進めていきたいと思っておるところでございます


法案提出までに3週間かかったのが遅いのかどうかは分かりません。
しかし、「我々も早く結論を出す」といった自分の言葉を棚に上げて、相手を非難したのには正直たまげました。
そして、政権を取ってからも……


貨物検査法案を臨時国会に-岡田外相
2009.9.17 09:32
 岡田克也外相は17日未明の記者会見で、国連安全保障理事会決議を受け北朝鮮関連船舶の貨物検査を可能にする貨物検査特別措置法案について「次の臨時国会で成立を目指す」と述べ、臨時国会に提出し成立を図る考えを明らかにした。同法案は麻生太郎政権が今年の通常国会に提出したが、衆院解散で廃案になった。岡田氏は会見で、法案は前政権が提出した内容をほぼ踏襲する考えを示唆した。


と、会見で述べていたにもかかわらず、結局マニフェストに載せていた法案の見送りを決めたわけです。
しかも、来年の通常国会に提出するかどうかも分からない。

鳩ポッポは拉致被害者家族会の人たちと面会して、
「政府自身が積極的に努力する」というようなことを述べていましたよね。
しかもその時だけブルーリボンをつけるという見え透いたパフォーマンスを行ったうえで。
「政府の積極的な努力」というのは、北のご機嫌をうかがうことだったのでしょうか。

とにかく、マニフェストに載っていることは絶対だ、と主張するならば、こういう国益に結びつく政策は最優先でやってほしいものです。
そして、あえてマニフェストに載せなかった政策には手をつけてはなりません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。