スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本のガン★朝鮮総連摘出を

「薬事法違反」を口実にした警察当局の強制捜索を断固糾弾する
http://www.chongryon.com/1127/index_j.html
2006年 11月 27日
- 総聯中央  南昇祐副議長の談話 -警視庁公安部は27日午前、「薬事法違反」を口実に数百人の機動隊と警察官を動員し、朝鮮総聯東京都本部と朝鮮総聯渋谷・世田谷支部、朝鮮総聯新潟出張所および都内在住の在日朝鮮人女性宅などに対する強制捜索を大々的に強行した。今回の強制捜索の口実となった点滴薬は、在日同胞女性(75歳)が去る5月に祖国を訪問する際、自分の病気治療と健康管理のために持参しようとしたものにすぎず、決して「薬事法違反」には当たらない。にもかかわらず、日本の警察当局がこのように大々的な強制捜索を行ったことは、前例のない極めて悪質で許しがたい暴挙である。いち在日同胞女性の「万景峰-92」号による祖国訪問に関連付け大きな政治的事件にデッチ上げようとする警察当局の行為にこみあげる怒りを禁じえない。この在日朝鮮女性を強制捜索の対象とすること自体、非道極まりない行為であり、警察当局のいう「薬事法違反」とはまったく関係のない朝鮮総聯を犯罪視し、無関係の機関と事務所まで強制捜索したことは、法と権力の乱用であり、言語道断である。また、「科協が医薬品持ち出しに関与した疑い」を云々し、ひいては「軍用物資調達」「大量輸出」などとまったく根拠のない虚偽情報を流布しながら、あたかも朝鮮総聯が「犯罪団体」であるかのような歪んだイメージを作り上げようとすることを決して容認することはできない。われわれは今回の警察当局の常軌を逸したファッショ的な強制捜索を断固糾弾する。最近日本政府当局は、度重なる制裁措置を講じ在日朝鮮人の人権と生活を脅かす不当な政治的抑圧を強めてきた。とりわけ「万景峰―92」号の入港禁止により、多くの在日同胞と学生たちの祖国訪問には人為的な障害が作り出され大きな被害を被っている。今回の強制捜索が、祖国と在日同胞を結ぶ人道の船として14年間にわたり運航されてきた「万景峰―92」号の入港禁止に対する内外の非難の声が高まるなかで、入港禁止を引き続き正当化・長期化させようとする卑劣な意図のもとに行われたことは、まぎれもない事実といわざるを得ない。老年の在日同胞女性が祖国訪問に際し、自分の病気治療と健康管理のために薬品を持参しようとすることまでも犯罪視し、取り締まろうとする日本当局の非道かつ卑劣で反人間的行為を断じて許すことができない。6者会談の再開の兆しが見られる中で行なわれた今回の弾圧騒動は、朝鮮半島情勢の緩和の流れに真っ向から逆行するものであり、朝・日関係をさらに悪化させ大きな禍根を残すことになろう。われわれは朝鮮総聯と在日朝鮮人に対する不当な弾圧と人権侵害を即時中止することを強く要求する。

差別だの弾圧だの五月蝿い。
法律違反しておいて何が「法と権力の濫用」でしょう。
日本の法律に従えないのなら、さっさと北朝鮮へ帰れ~!!と思ったのは私だけではないはず。

薬事法違反容疑で朝鮮総連など捜索 点滴薬を北朝鮮へ
朝日新聞 11月27日
 医薬品の点滴薬を都内の医師が無許可で譲渡した疑いが強まったとして、警視庁公安部は27日午前、薬事法違反(医薬品の無許可授与)などの疑いで、関係先の捜索を始めた。譲渡された在日朝鮮人の女は、朝鮮総連の事業に参加した際に点滴薬などを北朝鮮に持ち出そうとしていたといい、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の東京都本部や新潟出張所なども捜索を受けている。 調べでは、依頼を受けた医師は今年5月1日ごろ、許可がないにもかかわらず、点滴薬60袋を女に譲り渡した疑い。薬事法では、医薬品を販売・授与するには、薬局開設者か医薬品販売業の許可が必要と定めている。 女はその後、朝鮮総連都本部が主催する「万景峰92号」での北朝鮮への訪問事業に参加した際、点滴薬と肝臓疾患の薬120アンプルを申告せずに荷物の中に隠して持ち出そうとして、税関の検査で見つけられた。 女は、北朝鮮で医師をしている親族に会いに行こうとしていた、という。翌6月にも、点滴薬を隠して北朝鮮に持ち出そうとした事案があったため税関が不審に思い、警察に通報したという。 国内メーカーなどによると、この点滴薬は、医師の処方箋(せん)が必要な総合アミノ酸製剤注射液。手術前後の患者の栄養管理に使われるほか、被曝(ひばく)による放射線障害で、消化管からの体液流出などの症状が起きた際に用いられるという。04年度までは都内の医薬品メーカーが輸出していたが、その後は輸出されていないという。 今年6月には、東京都内の医薬品販売会社が、北朝鮮系の貿易商社などに、今回と同様の点滴薬を北朝鮮向けとして不正に販売したとして、神奈川県警が薬事法違反の疑いで書類送検している。 女の親族には、過去に北朝鮮へのミサイル関連機器の不正輸出に幹部がかかわった「在日本朝鮮人科学技術協会(科協)」の幹部がいるという。北朝鮮では日本の点滴薬などは朝鮮労働党や軍の幹部しか使えないとされており、警視庁は、大量の持ち出しは北朝鮮当局の組織的な関与が強いとみている。

隠して持ち出そうとしたのはやましいことがあるからでしょう。
そして、日本ではそのような行為は法律違反となるのです。
見え透いた嘘をつき、それがバレると開き直る…。
もうこのパターンには飽き飽きです。

そして、この件について、やれ「人道的に」だの「祖国に帰る権利」だのと言い出す、おバカな「有識者」が出てくるんですよね。

「科協」、北朝鮮に技術情報パイプ
朝日新聞 11月30日
 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)傘下団体の「在日本朝鮮人科学技術協会(科協)」顧問の男(74)らによる労働者派遣法違反容疑事件で、科協の別の幹部が、北朝鮮を訪れた際、工作機関幹部から日本の科学技術情報を提供するよう求められていたことが、警察当局の調べでわかった。警察当局は本国との具体的なやりとりが判明した科協の実態解明とともに、ミサイル開発などへの関与の有無について調べる。 警視庁公安部が昨年10月、科協本部を薬事法違反容疑で家宅捜索した際、同容疑で逮捕した科協幹部が、朝鮮労働党の工作機関「対外連絡部」の幹部から、北朝鮮に日本の最先端の科学技術の情報提供を求められていたことを示す文書を押収したという。また、北朝鮮政府の研究機関と共同研究することも求められ、科協幹部と研究機関とのメールのやりとりも確認されるなど、科協と北朝鮮本国との密接な関係が浮かび上がった。 27日に警視庁が摘発した薬事法違反容疑事件に続き、29日に労働者派遣法違反容疑で神奈川県警が摘発した事件に共通するのが、この科協の存在だ。 「在日朝鮮人科学技術者の親睦(しんぼく)団体」とされる一方で、03年に摘発された都内メーカーのミサイル関連機器不正輸出事件では科協系企業が関与して北朝鮮にも送っていたことが判明するなど、技術・物資流出への関与が指摘されてきた。 捜索を受けた顧問は、この科協系企業の社長だった。東大の研究機関や民間のエンジン研究所に在籍し、内燃機関の研究で工学博士号を得るなどしたエンジン工学の専門家。神奈川県警は違法派遣の背景を、「モーターの製造技術などを北朝鮮に伝えるため」とみる。 さらに、同県警が今年6月、都内の北朝鮮系医薬品販売会社が点滴薬を不正販売した容疑で摘発した事件でも、点滴薬を北朝鮮の軍関係企業に送っていた都内の科協系商社の監査役を務めていた。 医薬品販売会社は、点滴薬メーカーから01~04年度で約8万袋を仕入れており、大半が科協系商社などを通じて北朝鮮に流れたとみられる。だが、顧問は取材に「商社の名前もよく覚えていない」と話す。 警視庁が摘発した薬事法違反事件でも、不正入手した点滴薬などを北朝鮮に持ちだそうとした女の夫が科協幹部。点滴薬などが放射線障害の患者に使われることなどから、警察当局は北朝鮮の核やミサイル開発と科協の関係に強い関心を寄せている。

マスコミで北朝鮮や総連を擁護する発言をしている人たちは、最後まで責任をもって発言を続けてもらいたいものです。


スポンサーサイト

いじめ緊急提言★教育再生会議

教育再生会議において、いじめ緊急提言がなされたそうです。

教育再生会議いじめ緊急提言
新味乏しく予防策なし 対策の難しさを露呈
=2006/11/30付 西日本新聞朝刊=
 福岡県筑前町など各地で相次ぐいじめ自殺の連鎖を絶つため、政府の教育再生会議が29日、公表した緊急提言は、いじめをした児童・生徒に「社会奉仕」を行わせるよう学校側に求めるなど、毅然(きぜん)とした姿勢を打ち出したのが特徴だ。ただ、旧文部省が10年前にまとめた報告書と重なる部分が多いばかりか、予防策がすっぽり抜け落ちるなど、新味に欠ける印象は否めない。いじめ対策の難しさを図らずも露呈した格好だ。 緊急提言の焦点は、いじめをした「加害者」への対応だった。当初は「出席停止」を明記する厳しい案も浮上したが、「社会奉仕」「別教室での教育」といった対応を例示するにとどめた。 背景には、委員間の激論があった。ヤンキー先生で知られる再生会議担当室長の義家弘介氏は「加害者に反省させることが先決。いじめられた子が我慢し、転校しているのは本末転倒」と問題提起。一方で「出席停止の子どもの面倒を誰が見るのか」(陰山英男・立命館小学校副校長)など、“排除の論理”につながりかねない強硬措置に慎重な意見も根強かった。 そもそも、学校教育法では、他の子どもの教育に妨げがあると認める場合、問題のある児童、生徒の保護者に教育委員会が出席停止を命じることが可能だ。 ただ、暴力行為に比べ、いじめへの適用は難しいのが実情で、中学校で最近10年間に行われた出席停止措置の理由を見ると、「いじめ」は5%程度。特に、最近の言葉によるいじめは、加害者側と被害者側がしばしば逆転しており「(別教室での教育などの措置についても)国が基準をつくらなければ、現場で判断するのは無理」(義家氏)との声もある。   ◇    ◇ 「毅然とした態度で臨む」‐。1994年の大河内清輝君の自殺を受け、旧文部省の「いじめ対策緊急会議」が翌年まとめた報告書にも、今回と同様の表現がある。ほかにも「傍観する行為も許されない」「関係者が一体となって取り組む」など重なる表現は多い。 今回の緊急提言には、筑前町のいじめ自殺のケースを踏まえ、「いじめを放置・助長した教員に懲戒処分を適用する」「いじめへの取り組みを学校評価や教員評価に反映させる」など、教員が対象の新たな内容も盛り込んだが、いじめが起こってからの対応策が中心。 教育ジャーナリストの品川裕香氏は「欧米では対人関係スキル(技術)を身につけるための“対立解決プログラム”などを学校教育に取り入れ、いじめが起こる前の対策を取っている」と指摘し、予防的観点からの対応も不可欠と訴えたが、反映されなかった。 提言で、いじめ自殺の連鎖を止めることはできるのか。塩崎恭久官房長官は29日の会見で「国民や教育界に一石を投じたのは間違いない」と評価しながらも、こう付け加えた。「簡単に解決するほど根が浅いとは思っていない。引き続いての努力が必要だ」

所詮、机上の議論でしかないように思われます。
「いじめた子」「いじめられた子」にはそれぞれ「顔」があるのです。
それをひとくくりにして論じようと思ってもそこには自ずと限界があるのではないでしょうか。
「いじめた子」を加害者、「いじめられた子」を被害者としてしまうのは簡単です。
でも、いつ加害者と被害者が逆転するかわからない。
そして、「いじめた子」も「いじめられた子」も、教師にとっては等しく「顔」を持った生徒なのです。

現場教師の能力が試されます。
どれだけ、個々のケースに応じた対応がとれるか。
その意味では、一律、ガイドラインを作るというのは逆効果になりかねません。

人間の好き嫌いという感情を無理強いすることはできません。
それを、「みんな仲良く」という言葉で目をつぶってきたのが最近の学校教育です。
子どもたちは天使だから、みんな仲良くできるはずだという、一方的な思い込みで学級運営がなされていないでしょうか。
「生徒の自主性に任せています。」などというのは教師の責任逃れ。
先のいじめ事件の時に、修学旅行の班割りで、3度も組変えをしたとか。

班割りに文句を言う生徒も生徒なら、それを認める先生も先生だ。


同じいじめに見えても、その根は複雑です。
それを見極めるにふさわしい場所にいるのは教師ですから、教師に自由な裁量を認め、責任をもたせるというのも一つの方法です。

でも、それには、まず教師の質を上げなくっちゃね…。

事件は現場で起こっているんだよ。by青島



ルール無視の国★韓国

アジア大会韓国選手団、食べ物との戦争
中央日報 2006.11.26
  ドーハアジア大会で韓国選手団が予想していなかった伏兵に会った。  大会組織委員会(DAGOC)が選手村への食べ物の搬入を徹底的に禁止していることから、選手たちが韓国の食べ物をまったく口にできずにいる。  特に24日午前に入村した野球代表と自転車、カヌー、ボートの選手らは選手村でカップ麺やキムチ、いわし、海苔、紅参茶などはもちろん滋養の薬などまで没収され、激しく抗議したところ警察まで出動する事態となった。大韓五輪委員会(KOC)の職員は現地警察によって2時間あまり隔離措置され、陳述書を書いて釈放された。  オリンピックやアジア大会では規定上、飲食物の搬入を禁止しているが、郷土の食べ物に限っては見逃して来たのが国際慣例だった。キム・インスKOC国際部次長は「DAGOCがこうした国際慣例を知らないわけはないと思うが、どうしてここまで厳格にするのかわからない」と訴えた。  選手村食堂ではアジア各国の食べ物を提供しているが、中東と中国の食べ物が主流を成しており、大部分が脂っこい。食堂ではキムチも提供するが、食事中に切らしてしまう場合がよくある。  ドーハ市内に2カ所しかない韓国食堂は、時ならぬ盛況となっているが、アジア大会関連韓国企業関係者が多くつめかけ、いざ選手たちは入ることができない。  KOC関係者は代表選手たちのコンディションに影響を及ぼさないか懸念している。


アジア大会:キムチ没収で韓国選手団ピンチ!
朝鮮日報 11/28
 ドーハ・アジア大会の組織委員会が選手村内への食料の持ち込みを厳しく禁止し、これに対し韓国選手団が抗議をする過程で警察が出動、大韓オリンピック委員会(KOC)の関係者が警察に拘留されたものの、その後解放された。 今月24日、野球、自転車、カヌー、漕艇の選手らが選手村に入る過程で起こった出来事だ。選手団はこの日、検査台を通過しようとした際、カップラーメンやキムチ、カタクチイワシ、海苔、紅参茶などを押収され、KOCのキム・インス次長が組織委員会に強く抗議した。組織委員会の職員の通報により出動した警察は、キム次長を2時間ほど拘留し、その後開放した。 組織委員会は「個別に持ち込んだ食料により食中毒でも起これば、選手村側が責任を取らなければならない」とし、かたくなな態度だった。25日以降、選手村に入っている選手らは、用具などが入った荷物の中に入れ込むなど、あらゆる方法で持ち込んでいる。

一度でも便宜を図ってあげると、それに感謝するどころか、それを盾にとり逆ギレするといういつものパターン(笑)。

選手たちがかわいそうだとは思います。
日本人なら、お米のごはんを食べないと、力が出ない。
韓国人にとってはそれがキムチなのでしょうね。

自分たちで持ち込んだ食べ物で食中毒になって、真っ先に騒ぐのは韓国人だろうなぁ…。

隠れて持ち込んでいるらしい。
しかも新聞で堂々と発表している(笑)。


<おまけ>

キムチ素材のドラマ、韓日共同制作へ
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=82208&servcode=700§code=710
  時代劇『黄真伊(ファン・ジニ)』を制作しているオリーブナインは、28日、キムチを素材にしたドラマ『名家の後えい』(仮題、シナリオ:ソン・ジョンリム)を熊本市の制作会社と共同で制作すると発表した。  『名家の後えい』は韓国を代表する食べ物のキムチと味噌・塩辛など伝統のおかずを作る秘法と、それを守りつつ自身のアイデンティティー探しに努める主人公の姿を描く。オリーブナインのキム・ドンレドラマ制作本部長は「キムチは世界のヘルシーフッドベスト5に入るほど韓国を代表する世界的な食べ物」とし「キムチを素材に韓国文化と食べ物を知らせ、それを通じて韓流のアップグレードを目ざしたい」と伝えた。オリーブナインはドラマ制作と共に、キムチ博物館の設立、食品ブランドの開発も進めるとしている。 

真に世界に誇れる韓国起源のものといえば、キムチしかないんだから、それにしがみついていてください。
でも、なぜ日韓共同制作?
この熊本市の制作会社、大丈夫かな……。


近い将来、匂いのしないキムチが日本で開発され、世界的にキムチが流行。
韓国は、それに便乗し、やはりウリの作ったキムチは最高だ~、と自慢する。
そんなことになりそうな予感。


何が起きてる?★韓国自動車業界

引用するのも馬鹿らしいようなひどい記事です。

輸入車:韓国ばかりがなぜ高い?(上)
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/11/26/20061126000009.html

輸入車:韓国ばかりがなぜ高い?(下)
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/11/26/20061126000011.html

この記事を書いた、ハ・ヨンソン記者、仕事を間違えたんじゃないでしょうか。
上記記事で引用に耐える部分はここのみ。
 このように輸入車の価格が外国に比べて高い点について、自動車市民運動連合のイム・キサン代表は「輸入車価格のバブルが続いているのは問題だ。これは、数百坪規模の豪華な輸入車展示場の建設などの営業外費用が高く見積もられ、それがすべて原価に含まれるからだ」と語った。 イム代表は特に「韓国には高ければよく売れるという歪曲されたブランド文化があるのは事実だ。このような顧客の誤った認識も改善されるべき」と指摘した。 一方、韓国輸入自動車協会のユン・デソン専務は「韓国の輸入車価格が米国やヨーロッパ、日本などよりも高いのは、国別に異なる税率やオプションなどの違いだろう」と説明した。

それ以外はすべて数字の羅列。それで記事が成り立つと思っているようです。


それはさておき、最近韓国マスコミでは自動車関係の記事が目立つのですが、何か理由があるのでしょうか。

輸入車:韓国でレクサスの値段が日本の2倍以上なワケ
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/11/26/20061126000014.html

輸入車:人気はなくても日本車より高い米国車
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/11/26/20061126000015.html

輸入車:内外価格差にネチズンの怒り爆発
この記事もハ・ヨンソン記者ですか。
比較のために数字を挙げているのでしょうが、余計わかりにくくなっている(笑)。

輸入車の価格が高いのは、第一に、モノを見る目がない韓国人の国民性に理由があるでしょう。
値段や、外見で、物の価値が決まると思っています。
ですから、整形大国・パクリ大国なのです。

そして、国内自動車産業の保護という理由もあるのでは?
輸入車との競争力があるとは思えませんから。

ついでにこんな記事も。

ヨン様がCMに出ても日本で「ソナタ」が売れないワケ(上)
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/11/27/20061127000035.html

ヨン様がCMに出ても日本で「ソナタ」が売れないワケ(下)
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/11/27/20061127000036.html

こちらは、チェ・ウォンソク記者です。
少しはましな分析になってますが、それでもちょっとずれてます。
日本の主婦が中型セダンに乗らないというのはどこで取った統計なのでしょう。
ヨン様ファンのオバサマがたは多分セダンに乗っていると思いますよ。

「ソナタ」が売れないのは、韓国製だからです。


韓国の主敵は米国★休戦中なのを忘れてるよ

司法試験面接受験者「韓国の主敵は米国」26人
朝鮮日報 11/27
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/11/27/20061127000012.html
 最近行われた第48回司法試験での第3次面接で、受験者1002人のうち26人が「不適格者」と疑われ、再面接を受けたことが明らかになった。その中には韓国の主敵を米国と発言した受験者もいたという。  法務部によると26日、先ごろ行われた面接で受験者のうち26人が1段階面接で「不適格者」と疑われ、2段階面接を行ったという。  受験者は1段階面接で、▲国家観をはじめとする倫理意識、▲専門知識、▲創造力、▲発表力などが評価され、そのうち一部の受験者が大韓民国の第一の敵はどの国かとの質問に「米国」と答えたという。  また最近の核実験などの北朝鮮問題については、北朝鮮を擁護する意見を述べた受験者もいたという。彼らを含む不適格者26人は2段階面接対象者となり、面接委員5人から40~50分、法曹人としての適格性について集中的に審査を受けている。  法務部関係者は「2次面接を受けた26人すべてが最終脱落者とはいえない」としながらも、過去10年の面接試験でわずか1人しか脱落しなかったのとは異なり、今回は脱落者が多数出る可能性を示唆した。今年の司法試験最終合格者発表は12月1日の予定だが、数日前倒しされる可能性もあるという。 

ノムたんでさえ合格できた韓国の司法試験。
どんな制度になっているのでしょう。

「大韓民国の第一の敵はどの国か」っていう質問もすごいですね。
そういえば、現在戦争中の国でした。
正解は「朝鮮民主主義人民共和国」が正しいのか「北朝鮮」が正しいのか?
案外「日本」が大正解!!(笑)


米で反日史観映画★「レイプ・オブ・南京」下敷きだって?

「レイプ・オブ・南京」下敷き 米で反日史観映画 年明け発表 ■AOL副会長制作
11/26 産經新聞
http://www.sankei.co.jp/news/061126/kok004.htm
 【ワシントン=山本秀也】米国の大手インターネット企業「アメリカ・オンライン」(AOL)のテッド・レオンシス副会長(50)が、南京事件(1937年)に取材した映画「南京」(仮題)を制作し、年明け以降、発表する。ドキュメンタリー作品の体裁だが、史実の認定は反日的な歴史観で知られる中国系米国人作家、故アイリス・チャン氏の「レイプ・オブ・南京」を踏まえているとされる。公開されれば来年70周年を迎える同事件や歴史問題をめぐり、日本の国際的立場に深刻な影響を与える可能性もある。 AOLの米国広報では、レオンシス氏による「南京」の制作を確認する一方、同社は制作に関与していないとしている。レオンシス氏は「アガペ」という映像プロダクションを設立し、映画参入の第1作として制作に取り組んでいる。 制作情報をまとめると、「南京」は事件に関連した記録や事件関係者への取材映像に俳優のナレーションを織り交ぜる構成で、「欧米人が語る南京事件」に重点が置かれる。音楽はグラミー賞を受賞したロック界の大御所ルー・リードが担当するという。 作品は来年、米国内で開かれる映画祭で発表の予定だ。米紙ワシントン・ポストによれば、中国市場に向けてDVDの販売が計画されるほか、国営中国中央テレビ(CCTV)が作品放映権を獲得しているという。南京事件に関心を抱いた理由について、レオンシス氏は、保養中に読んだアイリス・チャン氏の自殺(2004年)をめぐる古新聞の記事がきっかけだったと同紙に説明。これまでの報道では、作品がチャン氏の「レイプ・オブ・南京」をベースにした内容となることが強く示唆されていた。 華僑消息筋によると、レオンシス氏は10月末、東部メリーランド州で開催されたアイリス・チャン氏を記念する論文コンテストに来賓として出席し、「南京」の制作状況を報告した。論文コンテストは、米国を舞台に反日宣伝を繰り返してきた中国系組織「世界抗日戦争史実維護連合会」が主催し、論文約430点が寄せられた。 南京事件を扱った映画は、中国、香港でこれまで多数制作された。今年初めに上海紙「文匯報」が、米国のクリント・イーストウッド監督が「南京・クリスマス・1937」を制作すると伝えた話は事実無根だったが、事件70周年を控え、中国内外で新たな作品の制作が伝えられている。 レオンシス氏は、AOLの事業モデルを有料インターネット接続事業から広告収入主体に転換した米国の有力企業人。北米プロアイスホッケー(NHL)の人気チーム「ワシントン・キャピトルズ」のオーナーを務めるなど、娯楽スポーツ分野でも知られる。                    ◇【用語解説】レイプ・オブ・南京 中国系米国人の女性著述家、アイリス・チャン(中国名・張純如)氏が1997年に発表した南京事件に関する著作。同事件で旧日本軍が市民約30万人を虐殺、女性2万人から8万人を乱暴したなどと論じたが事実誤認や写真の誤りなどが多数指摘された。日本語版の出版は見送られたものの、米国内では現在もロングセラーとなっている。

フィクションとしての映画製作ならいいんですけどね。
例の「レイプ・オブ・南京」を踏まえているというからには、どんな作品になるのかわかりきっています。
そして、フィクションであっても、何度も繰り返しているうちに、事実と誤認する人が出てきます。
そういえば、以前よそのブログで、ソースを挙げろと追求されて出てきたソースが小説と映画だけだったというお粗末な人もいました。
そういうちょっとずれた認識をしてしまう人もいますから、あくまでもフィクションであるということ、中共が主張するような「南京大虐殺」などなかったということを言い続けなければなりません。

西部劇における悪者「インディアン」や、第二次世界大戦における悪者「ナチス」というのとも違います。
第三者の目から見ているという手法をとっていること。
客観的に判断している振りを装いながら、その実中共の反日宣伝の手段にされているのです。

個人のことなら、名誉毀損で大変なことになるのに、国の名誉はどうなるんだ?

「南京大虐殺」は中共の自国民の命を軽視する政策から目をそらすための捏造に他なりません。
南京大虐殺は存在しないという歴史事実の検証、及び諸外国への説明が急がれます。

それにしても、「南京大虐殺」と「従軍慰安婦」は退治されたと思ったらまた出てくる、ゴキブリみたいなものですね(笑)。

参考:
櫻井よし子ブログ
http://blog.yoshiko-sakurai.jp/
日本がすべきことは、南京大虐殺は実は存在しなかったという個々の歴史事実の説明と共に、より大きな枠組みで中国共産党の真の姿を世界に知らしめることだ。その枠組みのなかで、“南京大虐殺”や、江沢民時代以来言い始めた“日中戦争での日本軍による犠牲者は3,500万人”などの説は事実ではなく、むしろ、国民の命を犠牲にすることなど気にもかけないという中国共産党自らの行動原理を基準にして考え出した虚構だということを、世界各国に周知徹底させていくべきなのだ。

「南京事件」日本人48人の証言 阿羅健一著
小学館文庫
1937年12月,南京で何が起きたのか?30万人あるいは数千人と言われる「南京虐殺」の現場は,一体どうなっていたのか?過去,「南京事件」の証拠,証言とされた物には多くの虚偽が含まれ,大新聞にさえ虚報が載り,真相をいっそうわかりにくいものにしてきた。本書は,当時南京にいた軍人・記者・写真家等,日本人生存者に直接インタビューした証言集である。今は亡き人々も多数含む貴重な証言集から浮かび上がってくる「歴史的事件」の真相とは…?昭和62年刊行時,各界に衝撃を与えた「第一級資料」を復刊。


中国車が日本に上陸★故障率下げてよね

中国車が日本に来年上陸、東風汽車2000台輸出
日本経済新聞 11/25
 中国の自動車第3位、東風汽車(湖北省)は来年から中国製乗用車を日本へ輸出する。日本車の同車種より約1割安い価格に設定し、年間2000台を販売する。中国車が日本に輸出されるのは初めて。中国政府も国産ブランド車の開発・販路拡大を後押ししており、中国メーカーによる海外市場開拓が活発になっている。 日本へ輸出するのは排気量2000―3000ccの4人乗りスポーツカーで、エンジンを三菱自動車から調達した以外は東風が独自開発した。中国での価格は20万元(約300万円)強で、日本でも同程度の価格を検討している。カーナビゲーションや車高調整機能も備え、同等の装備ならば日本のライバル車種より約1割安いという。

一割安かったとしても、はたして買う勇気のある人がいるだろうか……。
http://blogs.yahoo.co.jp/nanamama946/42085274.html




友達の詩★中村中

最近のお気に入りです。
iTunesで購入したので、パソコン使用中は、BGMにして聞いてます。
一曲200円で買えるなんてお得だと思いますが…。



↑メディアプレーヤー用のアドレスを使ったので、残念ながら私のMacでは見ることができません。
ちゃんと表示できてるかな。

↓こちら、中村中のホームページ
中村中OfficialWebsite
http://www.nakamura-ataru.jp/

realplayerでも試聴できます。


これぞ韓国クォリティー★確かにどぎつい性格だ

このコラムを読んで、自分が先ほどの記事のどこに位置しているかご確認ください。
http://blogs.yahoo.co.jp/nanamama946/42351633.html

【コラム】臨機応変が通用しない「規則の国」日本

 電話料金の領収証を紛失した。本社に料金を請求するには、領収証がなければならない。電話会社のKDDIに「領収証の再発行はできるか」と問い合わせた。すると「できない」という返事が返ってきた。「なぜ?」と聞くと、「領収証は金融会社が発行するもので、顧客に保管責任がある」と言う。 「領収証がだめなら、証明書でもいいから発行してほしい」と言った。料金を支払ったという証明書だ。するとまた「できない」と言う。証明書を発行する制度がないというのだ。かっと頭に血が上った。「わたしはあなたの会社が販売するサービスを購入した消費者だ。お金を支払ったということは、今あなたが見ているコンピューター画面にも出ている。証明できるはずのことをどうして証明できないのか」。向こうは日本特有の「申し訳ありません…」という言葉を繰り返すものの、結局「できない」と返事する。 「できない」と言われるたびに、こちらも語調が荒くなった。かっとなって「マニュアルだけ見ていないで、上司と相談でもして答えなさい」と、大声を上げた。すると「あとで連絡する」と言って向こうが電話を切った。10分後、電話が来た。「お客さま…今回だけ…1回だけ証明書を発行いたします」。当たり前なことを特典でも与えるかのように話す。再び頭に血が上った。「何で“今回だけ”なんだ?」と問い詰めた。向こうは「神経を逆なでしてしまった」と思ったのか、返事をせずにそのまま言葉を続けたが、その続けた言葉がわたしを爆発させた。 「お客さま…3週間後に証明書が届く予定です」「3週間…? ハンコ一つ押すのに3週間だって?」「手続き上、そうなります」「何の手続きですか?」「会社の手続きです」。この意味のない攻防を何度か繰り返すうちに、声が震え始めた。「ちょっと聞きなさい。あなたの会社はサービスを売る会社でしょう。通信サービスを! 何ですべてのことを会社中心に考えるんですか!?」。電話の向こうでため息が聞こえた。「まったく“たちの悪い相手”に当たったもんだ」という愚痴にも似たため息が。 「また電話する」と向こうが電話をいったん切った。そして3分後に電話が来た。「1週間後に届く予定です」。もう1度問い詰めるのも嫌だったし、1週間ならそれほど遅くもない。「分かった」と電話を切った。向こうも気分を害したのか、「失礼しました」とか「申し訳ありませんでした」とか「ありがとうございました」とかいう、日本のサービス企業が常日ごろ連発しているお決まりのあいさつ言葉もなかった。無愛想この上ない。 初めてこちらに引っ越して来て、駐車場を借りたときのことだ。車高が規定より2センチ高いという理由で、月2万円も高く、家から遠い隅の方の場所をあてがわれた。「日本は規則を守る先進国だから」と思い、承諾した。ところが、わが家の目の前の2万円安い駐車場に、わたしの車とまったく同じ車が駐車しているのを見た。「こんなことがあっていいのか」と抗議したが、1カ月間音さたがなかった。それで今度は言い方を変えた。「あなたたちの規則は外国人だけが守るのか」と。すると、すぐに家の前の駐車場に駐車できるようになった。 日本の友達に「こういうとき、君たちはどう対処するんだ?」と聞いてみた。すると「どぎつい性格の人でない限り、多分たいていのことは我慢するだろう」と言う。この言葉には、「韓国人のように、ちょっとしたことですぐに腹を立てるようなことはしない」というニュアンスも含まれている。日本は「規則の国」と言われる。話にならない規則だらけだ。しかし日本では、声を荒らげる消費者も、消費者団体もあまり目にしない。日本のサービス業の従業員は親切で優しい。ところが、日本のサービス業は「三流」との定評もある。消費者がモノを言わないからだ。 今も2万円高い駐車場に誰かの車が留まっている。日本は人が良すぎれば損をする国だ。どの国でも消費者はどぎつい性格であるべきだ。東京=鮮于鉦(ソンウ・ジョン)特派員朝鮮日報/朝鮮日報JNS
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/11/25/20061125000036.html


ファビョ~~ン(笑)

領収書をなくす方が悪い……というのが普通では?
自分の不注意だから、自腹を切るのもしかたがない……とは思いもしないようです、あの国の人は(笑)。
「郷にいっては郷にしたがえ」という言葉を知らないらしい。
しかも、規則に反することを堂々と主張し、自分が正しいという。
こんなことを毎度やっているんじゃ、敬遠されてもしかたがないのではないでしょうか。

いけない、笑韓から、弄韓、快韓へと変態ゾーンに近づきそうです。


駐車場の件は確かにおかしいとは思うけど、地主さんがあの国の人だったりして(笑)。


嫌韓・呆韓・滅韓・痴韓???

面白い記事見つけました。

O V E R D O P E:みなさんは今どこですか?
http://overdope.exblog.jp/4611561




左の「無韓」からスタートするのでしょうか。

怒ったり呆れたりしているうちはまだ一般人です。
怨んだり、滅ぼしたいと思ってしまうと同類になってしまう(怖い)。

このブログに来て頂いている方はベテランゾーンが多いのかな?
変態ゾーンの方に行ってしまったりして(笑)。

思想坂を転がり落ちないように注意しましょう。


私の場合、
無韓

興韓

  とんで

疑韓

嫌韓

反韓

怒韓

侮韓

冷韓

反韓

  ここのループを何度か繰り返し

呆韓

諦韓

哀韓

笑韓

呆韓

諦韓

  現在この無限ループに陥ろうとしています(笑)。

抜け出すにはどうしたら良いでしょう。


手先の仕事

最近DVDをよく見ますが、その間手を遊ばせておくのがもったいない。
こういうのを貧乏性というのでしょうか、一つのことだけをやっているのが無駄なような気がしてしまいます。
昔でいう、ながら族(古い!)です。

最初のうちは、DVDを見ながら本を読んでいたのですが、疲れてしかたがないので、頭を使わなくてもいい仕事をすることにしました。
いえ、仕事というのはおこがましい(笑)。
単なる手慰み、とでももうしましょうか。




DVD一枚見る間に一個ぐらいは完成します。

老化防止やリハビリにもいいといわれています。
和裁部屋を片付けて、パソコンを持ち込むまで、これで暇つぶしをしようと思います。
さて、年内に何個作れるかな?

日本って平和だなぁ…

地上50m急斜面に犬、2日がかりで無事救出 徳島
朝日新聞 2006年11月22日13時08分
 徳島市中心部にある眉山(びざん)北側の急斜面で22日午前、徳島西消防署による犬の救助作戦が展開された。地上50メートルにある土砂崩れ防止用コンクリート壁面のヘリに迷い込んだ犬を同署が前日に救出しようとしたが、空振りに終わったため再挑戦。正午前、2日がかり計11時間に及ぶ活動の末、救出に成功した。 現場は同市加茂名町にある眉山のふもと付近の住宅地近く。犬は体長約50センチの野良犬で、17日昼、近所の男性が鳴き声に気付き、同署に通報した。同署は自力で脱出できないと判断し、21日、レスキュー隊員らが救出にあたったが、差し出した網から逃げるなどしてうまくいかなかった。 22日午前9時前、同署員17人態勢で、救助を再開。約7メートル四方のネットを高さ約80メートルの地点からつり下げて、犬のすぐ下に固定した。隊員が網付きの棒を近づけたところ、犬はネットに飛び降りて無事保護された。 その瞬間、作業を見守った近所の人たち約200人から拍手と歓声がわき上がった。近所の主婦は「助かって本当によかった。早く何か食べさせてあげて」と胸をなで下ろしていた。

救出の犬、「飼いたい」の声全国から 徳島
朝日新聞 2006年11月23日10時51分
 徳島市の眉山の急斜面(地上50メートル)から、保護ネットにダイビングして無事救出された野良犬に、全国から「飼いたい」との声が寄せられている。 犬は、生後半年の雌の雑種。貧血気味だが、けがはなかった。保護した徳島県動物愛護管理センターで体調を整えたうえで飼い主を募るが、既に30件余りの申し出があるという。


なんでもテレビではずっと中継していたとか。
まさか、本当ですか?

アザラシや、イルカや、犬猫。
人間以外の命にはとってもやさしい国ですね(苦笑)。

全国から「飼いたい」との声が寄せられているそうですが、地元の保健所に行くことをおすすめします。



やっぱりデマでした

「猫が子犬を産んだ」は事実ではなかった
サンパウロ 22日 ロイター 
ブラジルの「子犬と子猫のミステリー」が解決した。あるブラジル人の女性が「飼い猫が子犬3匹を産んだ」と主張していたが、血液検査の結果、事実ではないことが判明した。21日、遺伝子学者のアディル・パシェコ氏が明らかにした。ブラジル南部パッソフンドの貧困地帯に住むカッシア・アパレシーダ・デ・ソーザさん(18)は17日、飼い猫のミミが子犬3匹と子猫3匹を産み、子猫はみんな死んでしまった、と語った。パッソフンド大学生物学研究所の所長であるパシェコ氏は「専門家でない人は、しばしば空想を現実と思いこんでしまいます。事実はすべて、彼女の主張と矛盾しています」と語った。パシェコ氏は地元新聞社から、マスコミの注目を集めた主張の真偽を検証するために染色体テストを依頼された。同氏は、哺乳類が別の種の子供を育てるのことは時々あることだ、と語った。

当たり前といえば、当たり前のことでした。
全世界にこんなニュースが広まった方が不思議です。

そういえば昔飼っていた犬が猫を育てたことがあったなぁ……。
今だったらニュースになっただろうか…(笑)。




熱血校長が体罰

体罰:奈良の「熱血校長」小4男児に ご飯粗末にした 
毎日新聞 2006年11月22日
 奈良県三郷町の町立三郷北小学校で今月14日、給食のご飯を粗末に扱ったとして、岡本喜代治校長(59)が4年の男児の尻を強くたたいて転倒させるなどし、約1週間のけがを負わせていたことが分かった。岡本校長と同町教委は「行き過ぎた指導だった」として男児の家族に謝罪した。岡本校長は教育困難校の立て直しなどで実績があり、子どもと教師の心理についての著書も執筆。地元では「熱血校長」で知られている。 同町教委によると、男児の担任教師が13日、給食で茶わんに残った米を団子状にして天井に投げるのを目撃し、岡本校長に報告した。岡本校長は翌朝、登校してきた男児を校門前で見つけると、ほおをつかんで引き寄せ、尻を6~8回たたいた。男児は転倒し、足をすりむき、ほおにはつめ跡が残って血がにじんだという。男児はそのまま授業を受けたが、帰宅後、傷に気付いた家族が病院に連れて行き、全治1週間と診断された。岡本校長は同日夕、男児宅を訪れて謝罪。町教育長には15日朝、報告した。 同小によると、岡本校長は「食べ物を遊び道具にするのは許されず、ここで指導しておかなければと強く思った」と説明したという。 岡本校長は1995年、「子どもの心と教師の心」(日本教育研究センター)を出版。同小は今年度、文部科学省が全国の9小学校を指定した「総合的な学習のモデル校」にも選ばれている。

手を上げてしまった時点でこの校長先生がすべて悪いことになってしまいました。

良識のある親ならば、子どもにも謝らせるべきでしょうね。
「食べ物を粗末にしてすみませんでした」と……。

体罰を与える権利を教師に認めないと、教育はどんどん崩壊していってしまいます。
怪我をしない程度の体罰を。

悪いことをしたら痛い目にあう。
痛い目に遭いたくなかったら、悪さをしなければ良いんです。


ドラゴンズにも法則発動?

<野球>日本から李炳圭の身分照会要請
中央日報 2006.11.20
  自由契約選手(FA)の李炳圭(イ・ビョンギュ、32)に日本プロ野球からオファーが来た。  韓国野球委員会(KBO)は17日、日本野球機構(NPB)から李炳圭(イ・ビョンギュ)の身分照会要請を受けた後、どの球団とも契約できるFA身分だと通報したと、20日、発表した。  日本のどの球団が身分照会を依頼したかは発表されなかったが、最近の現地メディアの報道によると、今季セリーグを制した中日ドラゴンズが有力視される。  97年にLGユニフォームを着てプロ入門した李炳圭(イ・ビョンギュ)は、その年打率3割5厘、69打点、89得点で新人王に選ばれ、99-01年と昨年の計4回、最多安打1位となった‘安打製造機’だ。  今季は120試合で本塁打7本を含む打率2割9分7厘(478打数142安打)、55打点、51得点と期待を下回ったが、10年間の通算で打率3割1分3厘、684打点、762得点を記録している。

来年が楽しみです。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。