スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バカ親から子どもをとりあげろ

アパート火災で2歳児死亡 母親はスノーボードで外出
北海道新聞  2006/12/31
 30日午後10時20分ごろ、埼玉県和光市白子、アパート「ホープハイツB」205号室の飲食店アルバイト藤原このみさん(24)方から出火、同室の約30平方メートルを焼き、焼け跡から藤原さんの長男猛成ちゃん(2)が遺体で見つかった。 朝霞署の調べでは、藤原さんは猛成ちゃんと2人暮らし。30日早朝から群馬県内に友人とスノーボードに出掛け、午後11時半ごろ帰宅した。出火当時、部屋は猛成ちゃん1人だけだった。部屋には食事としておにぎりやパンを置いていたという。 同署は出火原因を調べている。

今年もこの手の事件が多かったように感じます。

早朝から遊びに出かけ、2歳の子どもが長時間一人で留守番。
ちょっと目を離した隙の事故ではありません。
テーブルの上にはおにぎりとパン。
冬ですから、当然暖房機がついていたでしょう。
まさか、寒い中暖房禁止にするほどの「鬼畜」とは思いたくありません。
一人でおにぎりやパンを口にした子どもの気持ちはどんなものだったのでしょう。

子どもを産むには資格なんて要りません。
でも、子どもを育てるには資格が必要なのではないでしょうか。
最低限の面倒さえ見ることのできない親が増えているように思います。

片親で子どもをしっかり育てている家庭もあります。
両親そろっていながら、満足な世話ができない家庭もあります。
ですから、一概には言えないのかもしれませんが、親にだけ子どもの教育をまかせておく時代ではなくなっています。

高齢化社会ですから、祖父母や曾祖父母の力を活用する。
地域のお年寄りの力を活用する。
そのような社会の仕組みを考えていくべきではないでしょうか。
そして、資格のないバカ親からは子どもをとりあげるくらいの強硬手段がとれる法的措置が必要だと思います。



スポンサーサイト

フセイン元大統領死刑執行




フセイン元大統領の死刑執行 イラクで報道
朝日新聞 2006年12月30日12時31分
 イラク国営テレビによると、同国のサダム・フセイン元大統領の死刑が30日早朝(日本時間同日昼)、バグダッドで執行された。米英主導のイラク戦争で旧政権が崩壊して3年半で、独裁体制を敷いた旧指導者が絞首刑となった。しかし、イラク戦後、宗派対立で泥沼化した治安が改善する見通しはまったくない。 元大統領は06年11月5日、一審にあたる高等法廷で、82年に中部ドゥジャイル村の住民148人を虐殺した「人道に対する罪」により死刑判決を受けた。12月26日に控訴院が判決を支持し、死刑が確定していた。 1937年、バグダッドの北約150キロのティクリート出身。79年に大統領に就任。翌年から8年間、隣国イランと戦争を続けた。90年にクウェートに侵攻、翌年の湾岸戦争で多国籍軍に敗退。その後も大量破壊兵器を破棄していないとする米国が03年に武装解除や亡命を求めたが拒否し、イラク戦争を招いた。 

ずいぶん早い執行です。
それとも外国では死刑確定後すぐに執行というのはよくあることなのでしょうか。
裏に何かあるのではないかと勘ぐりたくなります。

「人道に対する罪」というよくわからない罪状のわりに、審議が十分に尽くされたとは思えません。
一刻も早く亡き者にしたい勢力があったのかもしれません。

また、戦勝国が一方的に裁くという図式も改善されたようには思えませんし・・・。

ともあれ、これでイラクが平和になるなら言うことはないんですが、そう簡単にいきそうにはありませんね。


旧朝銀破綻処理、公的資金41億円追加投入★そんな馬鹿な

旧朝銀破綻処理、公的資金41億円追加投入へ
朝日新聞 2006年12月28日
http://www.asahi.com/national/update/1227/TKY200612270371.html
 在日朝鮮人系の金融機関だった朝銀東京信用組合の破綻(はたん)処理をめぐり、預金保険機構は、41億8000万円余の公的資金を28日に追加投入する方針を決めた。ある男性が架空名義で預金した脱税資金を払い戻す必要が生じたことが原因。脱税行為は7年以上前ですでに時効が成立しており、今秋、払い戻しを命ずる判決が最高裁で確定した。 訴訟記録によると、東京都内でパチンコ店を経営する男性(81)は、長年にわたり飲食店やパチンコ店の収入の一部を裏金にして脱税し、朝銀東京に設けた架空名義の口座に預金。その残高は50億円を超えた。 朝銀東京は99年に経営破綻し、預金の一部を男性に払い戻したが、02年4月以降は架空名義だったことを理由に男性への払い戻しを拒否。同年12月、架空名義預金は整理回収機構に引き継がれた。 これに対し男性は03年12月、34億円余の払い戻しを求め、整理回収機構を提訴。預保機構は「脱税資金を貴重な公的資金で払い戻すのは正義に反する」と反論したが、今年9月、最高裁で原告の勝訴が確定した。 整理回収機構は、二審判決のあった今年5月に、遅延損害金6億7000万円を含む41億円を男性に仮払いした。これに訴訟費用などをあわせた41億8400万円を補填(ほてん)するよう今月21日に預金保険機構に申請した。朝銀東京の損失穴埋めにはこれまでに公的資金2060億円が投入されたが、申請が通れば、2102億円に膨らむ。 

納得できない!!


脱税を見逃していた税務署。
法を犯していながらそれがまかり通る裁判。
血税をもって穴埋めをする公的資金投入。

すべて納得できない!!



お正月は着物に挑戦★掟破りの裏ワザ

暮れも押しつまって参りました。
来年のお正月は着物で、と思っている方もいらっしゃるでしょう。
用意はもう整っていますか?

<必要なもの>
着物、帯・・・当然です。
帯揚げ、帯締め、帯枕・・・ここら辺までは表に出る部分なので忘れないでしょう。
長襦袢、半襟・・・着物にあった半襟がついていますか?寸法チェックも忘れずに。
下着類(肌襦袢、腰巻き)・・・今は洋服用ですませる方も多いようです。
腰紐3本、伊達締め2本、仮紐2本・・・たいていの着付け本にはこれだけ必要だと書いてあります。
足袋、ストッキング、草履・・・案外直前になってから慌てるものです。

<掟破りの裏ワザ>
着物は動きづらい、紐で縛り上げるのが窮屈だとおっしゃる方にちょっと参考までに。
まず、腰紐をウェスト部分で締めていませんか?
腰紐位置は、腰骨のちょっと上、おへその下辺りが一番楽です。
着崩れもしにくくなります。
洋装に慣れている方にはちょっと頼りなく感じられる位置なんですが、慣れるとらくちん。
紐は少ないほど楽に着られるので、私は省略しています。
長襦袢に一本。伊達締めはしません。
お端折下に一本。
お端折を調えたら、コーリンベルトで襟元を調え、直接伊達締めをしめます。
伊達締めと腰紐各一本ずつ少ないだけですが、楽になります。
それから案外苦しいのが、帯枕の紐。
帯枕には紐をつけず、帯締めにくるんで使います。
枕の台として、タオルハンカチをたたんだものを帯の結び目にはさんでおくと枕が落ちてくることもありません。

さて、お正月だからといって主婦は休んでいる暇はありません。
ちょっと片付けものをしようと思っても、着物を着ていると汚れが気になって億劫になってしまいます。
袖も邪魔です。
そこで、仕事をする時は、上前を帯にはさみ汚れないようにした上で割烹着をつけます。
これで仕事も大丈夫。


以上、私がいつもやっていることですが、着付けの先生などに聞かれたら「メッ!」と怒られそうですね(笑)。


【正論】初代内閣安全保障室長・佐々淳行

ちょっと古い話題ですが。

【正論】初代内閣安全保障室長・佐々淳行 自衛隊の武器使用認めるべきだ
http://www.sankei.co.jp/ronsetsu/seiron/061217/srn061217000.htm
(一部抜粋) 国連は平和維持活動で自衛隊をいつどこへ派遣してくれと要請してくるかわからない。派遣隊長に冒頭の番匠将補のような苦悩を味わわせてはならない。PKO派遣文民警察官、高田晴行警視(2階級特進)殉職事件で時の総理は通夜にも密葬にも公葬にも顔を出さなかった。小泉前総理は殉職警察官慰霊祭に5回も出席した戦後初の総理であり、安倍晋三総理も、今年の自衛隊・警察殉職者慰霊祭のいずれにも出席した。為政者には、そういう気持ちが大切だ。

殉職した文民警察官の葬儀にも顔を出さなかった「時の総理」は誰だ?

国民の安全を守るために自分の身を犠牲にしている自衛隊員、警察官、その他公務員の方々に対する尊敬の念を失ってはならないと思います。



カレンダー

来年のカレンダーに掛け替えました。

お店や企業からもらうカレンダーの数も減ってきたので、2つ買いました。




パイレーツオブカリビアンのカレンダーです。
買ったはいいけど、部屋に合わない。
とりあえずリビングに掛けましたが、人の目に触れないところに掛けた方がいいようです(笑)。




いつもpocoさんのブログで楽しませてもらっていたカレンダー。
偶然見かけたのでつい買ってしまいました。
面白い標語が一杯なので、一年分もう読んでしまった。
問題は3日ごとにめくることができるかどうかです。

年が明けたらカレンダーの安売りがあるんですよね。
そこでまたいくつか探してみようかな・・・。

カレンダーや手帖を買ったら連休の数や、13日の金曜日の数を確かめるのって、私だけ?


我らがノムたん★レームダックなんて言わせない

さすがです。
ノムたん大活躍。
あなたは不死鳥のごとくよみがえるのでしょうか。
今はよみがえる前の最後の炎なのですね。
そして灰の中から、毛も生えていないヒナが顔をのぞかせるのでしょう。
……想像して気持ち悪くなっちゃった(笑)。

さて、昨日韓国紙サイトから拾っただけでも、この大活躍です。




盧大統領「軍隊に行けば人間が腐る」 問題発言連発の盧大統領に反発広まる
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/12/24/20061224000009.html

「軍隊で腐らないよう…」は大統領選用カード?
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=83034&servcode=200§code=200

演説中にポケットに両手を突っ込み恫喝するような場面もあったとか。
韓国人お得意の動作のようですね。
こんなおバカをトップに据えた韓国に同情すると同時に、やっぱりお似合いとも思ってしまいます。

でも、でも、もしかして、また立候補するつもり??
また楽しませてもらえるのかしらん?



塾は禁止★教育再生会議で野依座長が強調

「塾は禁止」 教育再生会議で野依座長が強調
http://www.asahi.com/national/update/1223/TKY200612230248.html
2006年12月23日22時55分
 政府の教育再生会議の野依良治座長(ノーベル化学賞受賞者)が8日に開かれた「規範意識・家族・地域教育再生分科会」(第2分科会)で、「塾の禁止」を繰り返し主張していることが、同会議のホームページに掲載された議事要旨でわかった。しかし、再生会議が21日にまとめた第1次報告の原案には「塾の禁止」は盛り込まれていない。 議事要旨によると、野依氏は「塾はできない子が行くためには必要だが、普通以上の子供は塾禁止にすべきだ。公教育を再生させる代わりに塾禁止とする」と再三にわたって強調。「昔できたことがなぜ今できないのか。我々は塾に行かずにやってきた。塾の商業政策に乗っているのではないか」と訴えた。 JR東海会長の葛西敬之氏は「日本の数学のレベルは学校ではなくて、塾によって維持されている、という面もある」と反論したものの、事務局側は「公教育が再生されれば、自然と塾は競争力を失っていく。結果的になくなる」と同調、国際教養大学長の中嶋嶺雄氏も「野依座長のおっしゃったように塾禁止ぐらいの大きな提言をやらないと」と野依氏に賛同するなどひとしきりの盛り上がりを見せた。 

ちょっとずれてやしませんか?
公教育のレベルが下がったから塾がはやることになったのです。
しかも、「我々は塾に行かずにやってきた」って、いつの時代のことを言っているのでしょう。
高等教育を受ける生徒が全体の少数であるうちはまだしも、現在のようにほぼ100%に近い生徒が高校へ進学し、大勢が大卒の肩書きを持つ時代に、「普通以上の子どもは塾禁止」だなんて……。
同じ塾禁止にするなら、「塾はより高度な教育を受けたい子が行くためには必要だが、普通以下の子供は塾禁止にすべきだ。」の方がよっぽど公教育の趣旨にかなっていると思います。

そんなに公教育の再生に自信が無いんでしょうかねぇ……。


おまけ
「まるでヒトラー」 迷走続く教育再生に有識者委員反発
http://www.asahi.com/politics/update/1222/002.html

自分の意見が通らなかった時に、独裁者の比喩としてヒトラーを持ち出す感性。
有識者委員なんてこんなものか……。



着衣の目的はなんでしょう★パジャマが市民権?

授業に着ていく女子大生も… 米でパジャマが市民権?
産經新聞 (2006/12/23 15:06)
 パジャマの人気が高まっている。体調や気分が悪いとき、外が寒いときに熱いシャワーと柔らかく温かいパジャマは何よりのものだ。スタイルを気にしない点もよい。授業にも着ていく女子大生もいるという。 フロリダ・ビクトリアズ・シークレットのニッキ・トンプソン副主任は「ピンク・コレクションのパジャマが最も人気の寝間着。楽しく、格好良く、きまりがない。合わせて着られるTシャツ、タンクトップ、ズボンも多種類そろえている。冬はフランネルで水玉模様が好まれる」という。 ザ・キャッツ・パジャマズ(サンフランシスコ)製のパジャマには寿司(すし)柄のものもある。共同経営者のリン・デレゴースキーさんは「うちの製品はファンキーで少しスタイリッシュ。寿司柄はとても人気がある」という。 ネットでパジャマを販売するパジャマグラム社のニコール・フェントン広報担当は「パジャマはもう寝間着専用ではない。米国民はラウンジウエアで寝、寝間着を着てラウンジで過ごす。米国はパジャマ王国なのだ」という。 フロリダ工科大のマイケル・グレース生物学教授は「私の最初の授業は午前11時。1度、パジャマ姿で講義を受けている子がいた。『11時になってもパジャマを着ているなんて変だ』とは思ったが、それ以降、キャンパスで何人もみかけた。授業に熱心で学ぶ気があれば問題ないと思う」と話している。(USA TODAY)

衣服を着るというのは人間特有の習慣です。
なぜ人は衣服を着るのでしょう。

寒暖の調節、体調管理。
もちろんです。
その意味では着心地のいい衣服というのは何よりです。
しかし、衣服の目的はそれだけではありません。
自分をよりよく見せる。
他人に対する礼儀。
それも目的になっています。
その意味からすると、このパジャマを着て外出というのはちょっとどうなんでしょうねぇ。

若者はどんどん他人とコミュニケーションを取ることができなくなってきています。
言語によるコミュニケーションもそうですが、衣服によるコミュニケーションも下手になっているのではないでしょうか。
言語も、衣服も、自己主張の手段にしかなっていません。

だらしない格好をしているのは、だらしないと思われてもいいからではなく、だらしないと思われても気にしない自分を主張したいからだと思います。
多分面と向かって「だらしないね」と言われたらムカつくことでしょう。
他人が自分をどう見ているかまで気を配ることができなくなっているのかもしれません。

日本は古来、服装により自分の立場を明らかにするという文化を持っています。
職業や社会的立場により着る物が違うという時代が長くありました。
もちろん、和服の時の慣習を今に実行しろということではありませんが、外出するとき、その日会うことになっている人の顔を思い浮かべ、どういう服装ならばその人が不快に思わないか、ということに気を配れる大人であってほしいものです。


サンタが街へやってくる

さて、そろそろサンタさんも北極を出発したころでしょうか。

http://www.noradsanta.org/jp/tracking.php
ノーラッド、そして前任者でもある中央防衛航空軍基地(CONAD)は、50年以上もの間サンタを追跡しています。この伝統は、サンタさんとお話が出来ると宣伝した地元コロラドスプリングスの店、Sears Roebuck & Co. ,が、広告に不注意にも間違ったホットラインの電話番号を載せてしまったことから始まりました。サンタさんにつながるはずの電話は、CONAD司令長官のホットラインにつながってしまいました。指令長官のハリー・シャウプ大佐がサンタさんへの初めての電話を1955年のクリスマスイブに受けました。事情を察したシャウプ大佐は、サンタさんが北極から南へ向かった形跡があるか彼の部下にレーダーで調べさせました。すると、本当にサンタさんがいた形跡があったのです。電話をした子供たちは、サンタさんの居場所の最新情報を貰いました。このようにして、この伝統が始まったのです。1958年、カナダ、アメリカ合衆国両政府は、ノーラッドとして知られ、北米航空宇宙防衛司令部と呼ばれる共同防衛空軍基地を北米大陸に設立しました。両国は別々よりも、チームとして力を合わせた方が北アメリカの防衛をより一層強化できると信じたからです。ノーラッドはCONADから伝統を引きついだ後、1958年にサンタさんの追跡を開始しました。それ以来、ノーラッドで働くカナダとアメリカの職員が子供たちからの電話に自ら答えてきました。それに加えて、世界中のメディアも、クリスマスイヴになるとサンタさんの居場所の最新情報を得ようと電話をしてきます。昨年は、サンタさんがどこにいるのかを知ろうと、何百万人もの人たちがこのウエブサイトを訪ねてくれました。今年は、6カ国語でこの情報をお届けします。サンタさんの追跡を可能にするため、ノーラッドは多くのボランティアの援助を必要としています。何百人ものボランティアの人々は、世界中の子供たちからの何千という電話やEメールに答え、 そして、サンタの最新情報をお届けする為に、クリスマスイブをノーラッドのサンタ追跡センターにて過ごします

子どもにサンタクロースを信じてもらうには、なかなか苦労するものです。
でも真剣に信じていれば、一生に一度くらいは本当にサンタに会えるかもしれません。




神がついたか★天皇杯コンサドーレ勝利

シンジラレナ~イ

コンサドーレ札幌2-0ヴァンフォーレ甲府

■コンサドーレ札幌:GK 31佐藤優也 DF 15加賀健一 4曽田雄志 7和波智広 MF16大塚真司 18芳賀博信 25藤田征也 8砂川誠 22川崎健太郎 FW 29西谷正也 13中山元気■控え:GK 1林卓人 DF3西澤淳二 MF 21金子勇樹 20上里一将 2岡田佑樹 FW 11相川進也 9石井謙伍■ヴァンフォーレ甲府:GK 1阿部謙作 DF 4山本英臣 2秋本倫孝 3津田琢磨 5井上雄幾 MF 31林健太郎 10藤田健 7石原克哉 8倉貫一毅 FW 9須藤大輔 33茂原岳人■控え:GK 21鶴田達也 DF 13田森大己 MF 6奈須伸也 17鶴見智美 26保坂一成 FW 11宇留野純 18長谷川太郎■主審:吉田寿光前半1分 【GOAL!!】大塚のパスから左サイドでボールを受けた西谷がクロスを送り、スライディングで中山が合わせたシュートが相手DFに当たってゴールに吸い込まれ、札幌が先制!!後半28分 【GOAL!!】川崎のロングボールを中山がヘッドで落とし、ゴール前に攻めあがっていた加賀がボレーシュートでゴールを決め、札幌2点目!!

これ以上の贅沢は申しません。
ベスト4に入っただけで十分です。
期待すると裏切られそうだから(笑)。
だって、次の試合相手はガンバ大阪対横浜Fマリノスの勝者ですから……。

世界人を名乗る前に★鏡をよく見よう

起亜車「ニューソレント」、米安全度評価の4部門で満点
中央日報 12/20
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=82951&servcode=300§code=300
   起亜(キア)自動車の「ニューソレント」が米高速道路交通安全局(NHTSA)の07年型SUV(スポーツタイプ多目的車)衝突テストで、正面衝突時の運転手および同乗者の安全度、側面衝突時の前・後部座席の安全度など4部門で満点(五ツ星)を受けたと、同社が20日伝えた。 

米小型車安全性テスト:現代・起亜に厳しい評価
朝鮮日報 12/20
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/12/20/20061220000037.html
 現代自動車のアクセントと起亜自動車のリオが、米国高速道路安全保険協会(IIHS)の小型車安全性テストで最低評価を受けた。 19日、米紙ニューヨークタイムズによると、IIHSが米国で販売されている8車種の小型車を対象に、前面、後面、側面の衝突テストを実施した結果、日産のバーサが唯一3部門で優判定(good)を受けた。★表参照 同紙は、バーサの重量は競合車種よりも数百ポンド重く、相対的に衝撃を吸収できたと評価した。 トヨタのヤリスとホンダのフィット、BMWのミニクーパーは、全面と側面テストは通過したものの、後面テストでの評価が低かった。 特に、サイドエアバックのないヤリスの側面評価は、最低評価の劣(poor)にとどまった。 一方、シボレーのアベオと現代自のアクセント、起亜自のリオはサイドエアバックがあるにもかかわらず、平均評価を下回った。特にアクセントとリオは、後面テストでも劣判定を受けた。 IIHSは、「小型車の安全性等級が相対的に低いのは、中型セダン及びSUV(多目的スポーツ車)に比べ重量が最低800ポンド軽いため。特に、後面衝突テストで大部分が平均以下となっており、多重衝突事故に弱い」と指摘した。

同じテストの評価のうち、いいところを記事にした中央日報と、悪いところを記事にした朝鮮日報。
最近、朝鮮日報の記事が案外まともなのでつまんないんですが…(笑)。

「日本の技術者に酒をおごって洗濯機の技術学んだ」
朝鮮日報 12/20
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/12/20/20061220000027.html
(抜粋) しかし90年代初め、洗濯機研究室長だった彼は「洗濯機技術独立」を決心した。工場2階にベッドや台所を備えつけ、開発チームの同僚たちと合宿したのだ。ついに1999年、「脱日本」の夢をつかんだ。洗濯槽とモーターをベルトでつなぐ代わりに、モーターが直接、洗濯槽を回すことでエネルギー効率を高めるなどの長所がある「ダイレクトドライブ(DD)システム」を日本より先に開発したのだ。

最初この記事を読んだ時「洗濯機の技術盗んだ」と疑問に思うこともなく読んでしまいました。
DDシステムについては、東芝の方が先に開発しているようです。
ちゃんと調べてから記事にしてほしいですね。

さて、技術分野の話題としてはこんなのがありました。

||<#FFFFFF'style='color:blue;font-size:12pt'世界初! メスのクローン犬誕生 ||
朝鮮日報 12/18
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/12/18/20061218000002.html
 世界で初めてクローンの雄犬「スナッピー」のガールフレンド的存在とでも言うべきクローン雌犬が誕生した。今回のクローン成功は、世界初の雌犬のクローンであると同時に、クローン成功率がスナッピーの時に比べ30倍以上高まり、学界の注目を浴びている。  ソウル大獣医学部の李柄千(イ・ビョンチョン)、金大湧(キム・デヨン)チームは17日、「メスの成犬の耳から抽出した細胞を利用、スナッピーと同様に体細胞クローン方式で“ボナ(Bona)”というクローン雌犬を今年6月18日に誕生させた」と発表した。  体細胞クローン方式とは、核が取り除かれた卵子を、成犬の皮膚細胞などの体細胞と融合させ、代理母となる犬の子宮に着床させるもの。このようにして生まれたクローン犬は、体細胞を提供した犬と遺伝的にまったく同じとなる。つまり、映画にもあったように、自分が飼っていたペットの犬と遺伝的にまったく同じ犬を、いくらでも複製できるのだ。  「ボナ」はラテン語で「最高の物・プレゼント・祝福」という意味で、7月10日と15日にはピース(Peace)とホープ(Hope)という名前のメスのクローン犬も相次ぎ誕生した。  李教授は「体細胞を提供した雌犬と代理母・クローン犬ボナ・ピース・ホープのDNAを抽出し親子関係の鑑定を行い、クローン成功を確認した。特に、クローン成功率がスナッピーの時の0.8%から、今回は25%へと飛躍的に向上したのは意義深い」と説明している。  今回の研究結果は国際的な学術誌である『獣医産科学誌(Theriogenology)』インターネット最新版に掲載されている。 

犬のクローンは難しいといわれているそうですが、韓国ウォッチャーとしてはどうしても別の意味に取りたくなります。
犬のクローンは、例のファン教授の研究のなかで本当だったと認められたものですが、ご本人はどこに行ってしまったのでしょう。
全然触れられていませんね。

こんなところで見つけましたよ。

黄禹錫元教授、竜仁などで数カ月前から研究活動
連合ニュース 2006/12/20
http://japanese.yna.co.kr/service/article_view.asp?News_id=612006122001700&FirstCd=04
   【水原20日聯合】胚性幹細胞(ES細胞)関連の論文ねつ造で免職処分を受けた黄禹錫(ファン・ウソク)元ソウル大学教授が、研究を続けていることが明らかになった。  京畿道竜仁市にあるゴルフ場関係者などによると、黄教授は親戚が代表を務めるゴルフ場で数カ月前から研究活動に取り組んでいる。黄教授とともに研究活動を続けている研究員らも、竜仁市所在の新築の建物で研究を開始したという。この建物は、論文ねつ造で財政面で厳しい状況にある黄教授の支援するため、親戚が建設したものとみられる。黄教授の側近もこのほど、「黄教授が資金繰りに困っているのは事実だが、知り合いの協力で竜仁とソウルで動物のES細胞研究を続ける計画だ」と述べた。  

マッドサイエンティストの道を着々と進んでいるようです。
何かというと自民族の優越性を声高に叫びたがる韓国人のよりどころの一つが失われたわけですが、めげずに頑張ってます。

韓国は今や世界人だ
http://japan.donga.com/srv/service.php3?biid=2006121683038
12/16
(一部抜粋)●多彩な世界文化の理解は「基本」ソ氏は、「国連に勤めれば、韓国よりもダルフール問題に大きな関心を持つほど、国際的な視野を持つことが必要だ」とし、「韓国的な考え方を維持しながら国連勤務をすれば、生活が疲れる」と話した。様々な国籍の人々と多くの時間を過ごさなければならない「特殊な作業環境」も、適性が必要だ。ソ氏は、「生まれて初めて聞いた国の出身もいる。そんな多彩な背景を持つ人々がひとつのオフィスで働くために何よりも他の文化、他の考え方に対する理解が必要だ。国際的な環境で生活することを楽しめてこそ、国連に適応できる」と話した。ソ氏は、「多彩な背景を持つ人々が一緒に働いてみると、自然にオフィスに国連文化(UN culture)というものが形成される」としつつ、「共同の目標のために働くが、ある点においては、相手が私と違って当然だという点を認めるようになる」と述べた。チャ氏は、「根本的に人類に対する愛情がなければ、国連勤務が嫌になる恐れがある」と話した。

結局韓国人はそのままでは世界人になれないよ、ということですね。
こんな記事もありますよ。

悪化の一途をたどる韓国の「頭脳流出」
朝鮮日報 12/21
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/12/21/20061221000056.html

歴史を捏造し、様々な文化の期限を名乗ることに忙しくて、過去の教訓を生かすことができていません。
古くは優秀な百済人の日本への流出で、その残滓しか残らなかったかわいそうな韓国。
またその繰り返しで、優秀な人たちは海外へ流出し、残っているのは滓ばかり。
日本にもこぼれ落ちてたどり着いたかのような人もいますけど(笑)。

さぼっている間にちょっとたまっちゃったので、とりとめのない記事になっちゃいましたね。
でも、一応韓国テクノロジーに焦点を絞ってみました。

犬だけじゃ飽き足らず★韓国を代表する企業のCM

これはひどい。

笑韓などと言ってられなくなりました。
怒韓のレベルがレッドゾーンに達しています。

当ブログに貼付けようと思ったのですが、内容のあまりのひどさに、ブログが穢されるような気がするのでやめておきます。


こちらのホームページの「Barbeque」のビデオです。
当たり前の人間なら、嫌悪感で目を背けたくなること間違いなし。
クリックする勇気のある方だけご覧下さい。

見る勇気のない方のために中身のご紹介。
もっとも一回しか見ていないので少々違っているかもしれませんが……。



楽しそうにドライブをしている白人男性。
その車の前を猫が横切ります。
あわてて急ブレーキを踏んでも後の祭り。
タイヤに巻き込まれた猫。
周りを見回す白人男性。
何を考えついたのか、男性はその場でバーベキューをはじめます。
食材は……。
遠くから見ている人たち。
近くを通りかかり当たり前のように会釈する韓国人。



と、ざっと見たところではこのような内容でした。

韓国を代表する企業である現代自動車のCMとは思えません。
…いや、韓国を代表しているのか?
まったく、パクリでないオリジナルのものを作らせると、こんなものしかできないんだから。

ニュージーランドのようですが、このCMに出ている白人男性は何も考えずに出演したのでしょうか。
俳優さんでしょうけど、もう仕事は来ませんね。
韓国企業のCMに出たことを一生後悔することになるでしょう。
YouTubeにもUPされています。

現代自動車に抗議しようと、不買運動を始めても、もともと売れていないんだから効果もないだろうし……。

それにしても、怒りのせいか、まだ手が震えて止まりません。



あくまで強気の北朝鮮★いつまで続くかな

6カ国協議、打開は困難 北朝鮮、柔軟性見せず
北海道新聞 2006/12/21 22:25
 【北京21日共同】北朝鮮核問題をめぐる6カ国協議は4日目の21日、2度の米朝協議など議長国中国を中心に2国間協議を断続的に行った。日本首席代表の佐々江賢一郎外務省アジア大洋州局長は同日夜「状況は極めて厳しく、打開のめどは立っていない」とし、「北朝鮮の立場は固く、柔軟性がみられないことが最大の困難の原因だ」と述べ、北朝鮮の対応を批判した。 佐々江局長は協議結果をまとめた議長声明などの文書作成について「そういう状況ではない」と指摘。中国が提案した非核化措置や経済支援など5つの作業部会設置も見通しが立っていないことを明らかにした。 中国の秦剛外務省副報道局長も定例会見で、文書草案取りまとめについて「関係各国が共通認識を持てるかどうか見守る必要がある」と語り、協議難航を認めた。 

無理でしょうね。
だって、北朝鮮はあくまでもこういう立場でしか物を考えませんから。

〈13カ月ぶりに6者会談〉
 制裁解除を集中論議、朝鮮 「核兵器は論議の対象外」
朝鮮新報 12/20
http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/j-2006/04/0604j1220-00001.htm
 【北京発=金志永記者】18日、北京の釣魚台国賓館で6者会談が13カ月ぶりに開かれた。形式的には昨年11月の第1段階第5回6者会談の後続会談として再開されたが、会談中断期間に核実験を実施、成功した朝鮮と他の参加メンバーとの間には政治、軍事的な力量関係において根本的な変化が生じた。再開された6者会談は、以前とは違う新しい状況の中で行われることになった。

中国も、ロシアも、そっぽを向いてひとりぼっちになってしまった北朝鮮。
なのに自分の立場をまるっきりわかっていないようです。

日本は粛々と制裁を続けていけばいいでしょう。

そういえば、朝日のサイトでは6者会談の話題がほとんど出てこないんですが、何かわけでもあるのでしょうか。



財政再建団体の行く末★他人事じゃないよ

幼稚園教諭ゼロ 救急救命士半減 大量退職、市政を直撃 夕張
北海道新聞 2006/12/21 08:13
http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20061221&j=0022&k=200612214334
【夕張】二○○七年度から財政再建団体となる夕張市の早期退職者募集に対して、九十九人が申請し、定年退職者と合わせ本年度末の退職予定者が百十人に達していることについて二十日、夕張市内に衝撃が広がった。市職員三百九人のうち、三分の一以上が一度に辞める前代未聞の事態。専門職員の不足から、建築確認やダム管理などの市政が困難になることも憂慮される。市民からは生活への影響を心配する声が聞かれた。 「来年三月の送別会は退職者を送る会ではなく、役所に残る人を励ます会になる」。市が一日に早期退職の募集を始めて以後、市役所内でささやかれていた事態が現実になりつつある。 再建計画の基本的枠組み案は、本年度の退職者を定年退職を含め八十三人と想定しているが、これを二十七人も上回った。市教委は職員三十五人のうち二十二人が退職。建設水道部も四十六人のうち二十人が退職するなど部署によっては三分の一どころではない。 中でも深刻なのが、専門職の相次ぐ退職だ。建築確認業務に欠かせない建築主事。市には二人いるが、いずれも退職し、有資格者が完全にいなくなる。「道に業務を返上することになる。来年四月以降、受け付けはするが、確認済証は岩見沢の空知支庁まで取りに行ってもらうことになると思う」(建設水道部)。 市内に三基あり、水道水を供給している市営ダムの管理主任技術者(一人)、水道技術管理者(二人)などの有資格者も退職を申請した。来春以降の対応は決まっていない。市立幼稚園の教諭二人も、ともに退職を申請。市は臨時教諭を雇い、幼稚園を続ける考えだ。 市消防本部は、四十七人のうち十二人が退職。救急救命士でみると、十人のうち四人がいなくなる。同本部には救急車が二台あるが、二台体制が維持できるかは微妙。市内唯一の救急医療機関である市立総合病院の医師不足で、急患の市外搬送の必要性が高まる中、市民生活に影響が出そうだ。 夕張市の計画では、○九年度の職員数は現在より約百四十人減の百七十人を見込んでおり、職員の大量退職自体は織り込み済みだが、専門職の大量退職は予想以上。市は「後継者を養成するにしても、時間が必要」と頭を抱える。一方、道幹部は「対応を検討するが、まずは有資格者の雇用などを市が考えてほしい」。 市内の建設会社社長は「市役所で建築確認ができないのは大変だが、それより、確認申請できる仕事がない方が切実だ」と訴える。ある主婦は「高齢化率が40%と高い夕張では救急医療は重大な問題。これでは夕張崩壊だ」と嘆く。別の主婦は「退職者は夕張から出て行くのだろう。残る市民は負担が増えて大変なのに、職員はまだ恵まれている」と冷ややかに話した。

恵まれているも何も、もともと夕張市民ではない夕張市職員が何割かを占めていたようです。
つまり、市の財政がどうなっても、生活に影響はなかったということ。
自分たちの職場が危機に陥ってはじめて慌てたのかもしれませんが、住民でもないのに、市の職員であるというのにちょっと疑問を感じました。

わが町の場合も同様です。
市の職員が隣町から通っているというのはよくある話のようです。
また、隣町に家を建て、引っ越すという話も。

よくよく考えると、市民の税金からお給料を払い、その職員の税金は隣町に落ちているというのはおかしな話。
市民でもないのに、本当に市を良くしようと努力できるのか?

財政再建団体になる前に、市民ではない市職員をクビにしてもらいたい。
特別な資格が必要な専門職以外は、採用条件に市民であることを付け加えるべきではないでしょうか。
もっとも、自治労や人権団体が五月蝿くてそんなことはできないのかもしれませんが……。

でも、なんか納得できないなぁ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。