スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山拓失言★マスコミはスルー?

山拓氏“失言”「やらせてよかった」北朝鮮の核実験
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20070919-OHT1T00101.htm
 自民党総裁選で福田氏支持を表明している、山崎拓前副総裁は18日、講演で、昨年北朝鮮が行った核実験について「やらせてよかった」などと発言。今後波紋を広げそうだ。 山崎氏は「10月に(北朝鮮は)核実験をやった。あれは、私はあの、やらせてよかった」「核兵器を持っているのか持っていないのか、いろいろと憶測が乱れ飛ぶ限りでございましたが、それがはっきりした。そういう意味で良かった」と述べた。 次期内閣で、北朝鮮の核問題などを解決したいとの意向を強調した上での発言ではあったが、昨年の核実験を肯定したと取られても仕方のない内容で、"失言"が今後の火種となる可能性も出てきた。

つい本音がポロリ?
もちろんこの発言だけを取り上げてどうこうというわけではありませんが、
常日頃の言動が言動だけに…

福田支持、麻生阻止に回るのもうなずけるというものです。

相次ぐ閣僚の失言に飛びつくように揚げ足を取っていた、野党、マスコミの対応に注目です
スポンサーサイト

安倍首相からの手紙

【安倍内閣メールマガジン 第46号】改革、テロとの闘いを前に進めるために(2007/09/13)

[こんにちは、安倍晋三です]

● 改革、テロとの闘いを前に進めるために

 こんにちは、安倍晋三です。

 内閣総理大臣の職を辞することを決意いたしました。

 7月29日の参議院選挙の結果は、大変厳しいものでしたが、改革を止め
てはいけない、戦後レジームからの脱却の方向性を変えてはならない、との
思いから続投の決意をし、これまで全力で取り組んできました。

 また、先般のAPEC首脳会議が開催されたシドニーにおいて、テロとの
闘い、国際社会から期待されている、高い評価をされている活動を中断する
ことがあってはならない、なんとしても継続していかなければならない、と
申し上げました。

 国際社会への貢献、これは私の「主張する外交」の中核であります。この
政策は、なんとしてもやり遂げていく責任が私にはある。こうした思いで、
活動を中断しないために全力を尽くしていく、職を賭していくと申しました。

 テロとの闘いを継続するためには、あらゆる努力をする。環境づくりにつ
いても努力しなければならない。一身をなげうつ覚悟で、全力で努力すべき
と考えてまいりました。

 そのために、私は何をすべきか。

 局面を転換しなければならない。これが私に課せられた責任であると考え
ました。

 改革を進めていく、その決意で続投し、内閣改造を行ったわけですが、今
の状況で、国民の支持、信頼の上で、力強く政策を前に進めていくのは困難
である。ここは、けじめをつけることによって、局面を打開しなければなら
ない。そう判断するにいたりました。

 新たな総理のもとでテロとの闘いを継続していく。それを目指すべきでは
ないだろうか。今月末の国連総会へも、新しい総理が行くことがむしろ局面
を変えていくためにはよいのではないか、と考えました。

 決断が先に延びることで困難が大きくなる、決断はなるべく早く行わなけ
ればならない、と判断いたしました。

 無責任と言われるかもしれません。しかし、国家のため、国民のみなさん
のためには、私は、今、身を引くことが最善だと判断しました。

 約1年間、メルマガの読者のみなさん、国民のみなさん、ありがとうござ
いました。

 この間にいただいた、みなさんの忌憚のないご意見、心温まる激励を、私
は決して忘れません。

 私は官邸を去りますが、改革、そしてテロとの闘いは続きます。これから
も、みなさんのご支援をお願いします。(晋)

法則発動★安倍首相辞任



安倍晋三内閣
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/abe_cabinet/


あっと驚き
こんなに早く総裁選になるんなら、自民党員になっておくんだった…(笑)

昨夜のニュースで安倍首相を見て、自殺前の松岡元農水相の表情にそっくりと感じたのですが…
自殺までいかずに良かった良かった

さて、1年弱の就任期間、いろんな事がありました
次から次へと湧き出てきた不祥事ですが、そのどれとして、安倍首相自らの問題でなかったところがかわいそうといえばかわいそう

閣僚が不祥事を起こすたびに言われた「任命責任」ですが、一般人を起用したならともかく、国会議員を大臣に任命したわけです
国民に選ばれた人を大臣にし、その議員が不祥事を起こしたからといって首相に責任があるのか?
そして、閣僚をやめさえすれば議員としては通用する
おかしな話です

その不祥事も、事務所費の問題に関しては会計上のからくりを果たしてどこまで議員本人が把握していたものか
政治家が政治に奔走していたなら、大まかな金の流れは分かっていても、毎月の水道光熱費の支払いなど、たぶん眼中にはないでしょう
松岡大臣が水道光熱費について、「なんとか還元水」と発言したのを聞いた時に、この人は会計は全然分かっていないな、と感じたものです

そして、政治とカネ
政治に金がかかるというのは暗黙の了解になっているようです
この国をよくしたいという信念のもと政治を志し、そのために金が必要だから何とか捻出しようとしているのか
それとも政治家という立場を利用してたんに私服を肥やし、引退後の老後を楽しみにしているのか
カネを使って政治家としての地位を手にしているのか、政治家としての地位を使ってカネを手に入れているのか
そこが重要なポイントになるような気がします



それにしても、安倍総理、1年間ご苦労様でした
何の落ち度もないのに風を読めないというのは首相としては致命的な欠点でした
でも、真の理由は韓流にはまっている昭恵夫人にあったのでは……(笑)

高校生を平手打ち★巡査長を逮捕

路上で高校生を平手打ち 巡査長を逮捕 神奈川県警
2007年09月05日10時13分
http://www.asahi.com/national/update/0905/TKY200709050049.html
 高校2年の男子生徒(16)の顔を平手で殴ったとして、神奈川県警は4日、大和署刑事1課の巡査長小磯慶洋容疑者(33)を傷害の疑いで現行犯逮捕した。巡査長は容疑を認め、「電車内でライターで遊んでいるのを注意しようと思った」と供述しているという。県警は5日午前、巡査長を釈放し、今後は任意で調べる。  県警監察官室の調べでは、巡査長は4日午後10時50分ごろ、横浜市旭区の相鉄本線鶴ケ峰駅前の路上で、男子生徒の顔を平手で3回ほど殴るなどして、けがをさせた疑い。  相鉄線の電車内で、男子生徒が拳銃型のライターを出して遊んでいたのを見た巡査長は、電車を降りた後、注意をしようと声をかけ、口論になった。巡査長は同僚と酒を飲んで帰宅する途中で、酔っていたという。 

よくぞやってくれました。
一般市民がやりたくてもやれなかったことを、代表してやってくれたと思います。

夜、出歩いて拳銃型のライターで遊んでいる高校生ってどんな高校生?

叱り付ける大人がいなくなったことが、若者のモラル低下だと言われ続けているにもかかわらず、
実際に叱ると口答えをする、挙句の果てに手を出してしまえば傷害容疑・・・
このおまわりさんにちょっと同情してしまいます。

九月★長月



1日 防災の日
8日 白露
9日 重陽
17日 敬老の日
20日 動物愛護週間
23日 秋分の日
25日 十五夜


誕生石 - サファイア
誕生花 - リンドウ、芙蓉




NaNaMaMaの読書ノート
http://ameblo.jp/nanamama-lib/


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。