スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欠席裁判★土屋都議に離党勧告



民主党都連、マニフェスト批判の都議に離党勧告
2009.10.28 20:07

 民主党東京都連は28日、常任幹事会を開き、衆院選マニフェストを「(耐震)偽装マンションのパンフレット」などと痛烈に批判してきた同党都議の土屋敬之副団長に対し、離党勧告することを決めた。

 土屋氏は、永住外国人地方参政権付与や選択的夫婦別姓制度などを政策集に明記しながらマニフェストに盛り込まなかったことを「国民の目を欺くものだ」などと批判してきた。

 離党勧告について、土屋氏は「聴聞を受けておらず、処分の手続きに問題がある。批判があってこそ政党は育つものだ。法的措置も含め徹底的に戦う」としている。

 

土屋議員のブログ
http://www2u.biglobe.ne.jp/~t-tutiya/enter.html

ブログで見る限りでは、正式な連絡がご本人に来ていないようです。
本人が新聞で知るというのも……(笑)

本人の釈明も聞かずに、いわゆる欠席裁判ですか。

汚い真似をしやがって、
正々堂々やったらどうなんだ!!


と、土屋議員の胸中を推し量り代弁させていただきました。

民主党に抗議のメールを送った方がいいかもしれません。
民主党
http://www.dpj.or.jp/header/form/index.html
民主党東京都総支部連合会 メール宛先
club@tokyo.dpj.or.jp



以前の土屋議員のブログにこのような文がありました。

そう言えば、「男女共同参画条例」(制定されなかった)の勉強会の時に、講師として招聘した法政大学の女性の助教授か、教授かが、私がいることを知らないで、『大体、こんな条例ぱっと出して、ぱっと可決してしまえばいいのよ』と言っていた。『それは、民主主義議会の理念に反するのでは』と名前を言わないで言ったら『右翼が(良識的市民をこう言う”原虫的発想”がある)うるさくさわくでしょ。制定できなくなっちやうから・・』と本心からの回答。

私は「ほう」と思った。これがサヨクのやりかたなのだ。議会で議論もさせない。反対論を言えば右翼の妨害。


これが民主党の本性です。

スポンサーサイト

テーマ : 民主党 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。