スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脱税総理★ほんとのこと


衆院法務委、「脱税総理」発言で中断
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091117/plc0911171244004-n1.htm
17日午前の衆院法務委員会で、棚橋泰文氏(自民)が株式の売却所得を税務申告していなかった
 鳩山由紀夫首相を「脱税総理」と呼び、滝実委員長が「使用を控えるように」と注意するなどして
 紛糾、審議が一時中断した。

 発言に対して滝氏が「不適切な発言であり理事会で協議する」と使用しないよう求めたが、
 棚橋氏は「首相自身は7200万円(の不申告)を認めている。委員長自身中立公平なのか。
 鳩山さんの弁護士なのか」と反発。さらに首相の偽装献金問題について千葉景子法相に
 「疑惑をきちんと起訴するのか」などと質問した。

「脱税総理」発言で紛糾=衆院法務委
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009111700440
 自民党の棚橋泰文元科学技術担当相は17日午前の衆院法務委員会で、鳩山由紀夫首相が株売却の所得約7200万円の税務申告をしていなかった問題に関し、「脱税総理」と繰り返し発言した。これに対し、滝実委員長(民主)が「決めつける表現で不適切だ。差し控えてほしい」と注意したが、棚橋氏は「発言を封じるのか」と反発、審議が数回にわたり中断する事態となった。
 首相は同委員会に出席していなかったが、棚橋氏は、千葉景子法相への質疑の中で、首相の献金虚偽記載問題を取り上げ、「『脱税総理』を起訴できないのか」などと追及。法相は「個別の捜査活動について答弁は控える」と述べるにとどめた。
 滝委員長の注意後も棚橋氏は発言を続けたため、理事会で対応を協議することになった。

 


テレビ中継はなかったようですが、必見です。








最初から法務大臣を追求するやる気満々の棚橋議員。
前半の拉致問題に関しての質疑も、法務大臣たじたじですよ。

すっきりした。

もっとも、マスコミ報道が少ないというのが悔しいところですけれど。



<参考>
日本国憲法第75条


内閣を構成する国務大臣の訴追については、内閣総理大臣が同意しなければ訴追されることはなく、公訴時効は停止する。
この権限は内閣ではなく、内閣総理大臣に属する権限と解されている。



鳩ポッポの疑惑
・政治資金規制法違反
・脱税
・詐欺罪
・公文書偽造
・有印私文書偽造
・個人情報保護法違反

スポンサーサイト

テーマ : 民主党・鳩山政権 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。