FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本改革試案★義務教育の再建



櫻井よしこさんのブログが更新されました。

http://yoshiko-sakurai.jp/
『引き算が出来ない』高校生を作った『義務教育』を再建せよ!

        『週刊新潮』 2009年11月26日号
        日本ルネッサンス[拡大版] 第388回
           「 教育崩壊 」 (前編)

民主党政権の下で、教育の逆行が心配されている。不適格教員を排除する目的で設けられた教員免許更新制の撤廃や、全員参加の学力テストの廃止など、日教組の主張が政策として掲げられていることが、民主党への疑念となって否応なく強調される。

   ---------------------


記事中に、「引き算ができない高校生」が出てきますが、
これは本当のことです。
「掛け算の九九」ができない高校生もいます。

私の教えているのは、中学時代不登校だった生徒たちなので、
平均以下の学力であることは事実なのですが、
小学校3~4年生くらいの学力だという子たちが大勢います。

なぜこのような教育がまかり通っているのか、残念でなりません。
日本の教育制度は世界に誇れるもののはずなのに……。

原因の一つは、うわべだけの「平等」にあるような気がします。

1年間勉強したなら、全員一斉に進級。
到達度などお構いなしに、上の学年へ追いやられます。
そう、授業についていけない子供にとってはまさに「追いやられる」という状態なのです。

結果、一度でも躓いてしまうと、その後は「不平等」な世界が待っています。
わからないことをじっと聞いていないといけない、という苦痛な世界です。

そして9年間じっと耐えたご褒美に、「義務教育終了修了」の証がもらえます。
これは、「義務教育の課程を修了した」証ではなく、
「義務教育の期間を終了した」証なのです。

かわいそうなのは、課程を修了することなく卒業してしまう子どもたちです。

このようなことをなくすためにも、
全国どこにいても、どの学校に通っても、同じ教育が受けられるという保証が必要だと思います。
たまたま受け持たれた教師により、
あるいはたまたま一緒になったクラスメートにより、
教育の内容が変わってしまうようなことがあってはならないと思います。

そこで、今はやりの検定制度を取り入れてはどうでしょうか。
各学年に対応した各教科の進級制度にし、
年に一度、全国一斉進級試験を行う。

普段の授業はそれぞれの児童・生徒にあった級を選択させ、勉強するようにすると、
子どもたちも目標ができ、学習意欲が湧いてくるかもしれません。

子供によっては、教科にバラツキも出るでしょう。
進級の早い生徒、遅い生徒がいることになると思います。
でも、それこそが日教組のセンセーたちの好きな、
「個性」ではないでしょうか。

いずれにせよ、このまま子どもたちの学力低下をほっておいていいと考える国民はいないと思います。

日教組以外にはね。




スポンサーサイト

テーマ : このままで、いいのか日本 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。